牛乳・乳製品利用 料理コンクール2015-山形県大会(JA全農山形)

乳コン!! 牛乳・乳製品利用料理コンクール2015を開催

  • 作品01
  • 作品02
  • 作品03
  • 作品04
  • 作品05
  • 作品06
  • 作品07
  • 作品08
  • 作品09
  • 作品10

 

牛乳・乳製品利用料理コンクール2015|写真1

牛乳・乳製品を使ったおいしい「乳和食」を作りました

牛乳・乳製品利用料理コンクール2015|写真2

試食して味を審査します

牛乳・乳製品利用料理コンクール2015|写真3

最優秀賞の料理!見た目も美しいですね


開催日時
平成27年 11月4日(水)
開催会場
山形県学校給食総合センター
(山形市銅町一丁目2‐12)

山形県牛乳普及協会(事務局=JA全農山形)は4日、牛乳や乳製品を使った料理の腕を競う「牛乳・乳製品利用料理コンクール」を開催しました。

牛乳や乳製品の料理への普及と消費拡大を目的に、毎年行われており、今回が36回目の開催。応募総数134点から、9月に行われた書類審査を通過した10名による実技審査の結果、玉谷貴子さん(西川町)の「ふんわり♪ミルキーえびしんじょ」が最優秀賞の山形県知事賞に輝きました。

審査員長の西村恵美子山形県栄養士会長は、「牛乳・乳製品の『冷めてもおいしい』という特徴を生かし、だしの効いた味、美しい見た目ともに素晴らしい作品でした」と最優秀賞受賞の理由を紹介。審査員からも高い評価を得ました。

最優秀賞の玉谷さんは、「乳製品の『心温まる甘さ』を活かす料理を心がけました。牛乳は単に飲むものでなく、工夫して使えば家庭料理をおいしくすることができるということを広めたい」と、今回の料理へのこだわりを語りました。

「牛乳・乳製品料理コンクール」入賞作品のレシピは、当ホームページで掲載中!
ぜひご家庭で試してみてくださいね!

「牛乳・乳製品利用料理コンクール 応募要領」の詳細はこちら。

 

 

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ