牛乳・乳製品利用 料理コンクール2017-山形県大会(JA全農山形)

平成29年度 牛乳・乳製品料理コンクール in 山形県大会を開催

  • 作品01
  • 作品02
  • 作品03
  • 作品04
  • 作品05
  • 作品06
  • 作品07
  • 作品08
  • 作品09
  • 作品10

 

牛乳・乳製品利用料理コンクール2017|写真1

牛乳・乳製品を使って料理

牛乳・乳製品利用料理コンクール2017|写真2

試食して味を審査

牛乳・乳製品利用料理コンクール2017|写真3

入賞おめでとうございます!


開催日時
平成29年 9月30日(水)
開催会場
山形調理師専門学校(山形市六日町7番42号)

山形県牛乳普及協会(事務局=JA全農山形)は9月30日、「牛乳・乳製品料理コンクール in 山形大会」を開催しました。

牛乳や乳製品の利用価値の向上や消費拡大を図るため、昭和54年から実施され、今年で37回目の開催。応募総数135点から9月に行われた書類審査を通過した10名が料理の腕を競いました。結果、小林みよ子さん(大石田町)の「もちもち豚肉のグリーンソース」が最優秀賞の山形県知事賞、長谷川元子さん(酒田市)の「赤と緑の夏野菜のせ2種のおこめブランマンジェ」が優秀賞に選ばれ、お二人は11月11日(土)仙台市で開かれる東北大会に進みます。

審査委員の公益社団法人山形県栄養士協会の西村恵美子会長は「斬新なアイディアとヘルシーさが最優秀賞受賞の決め手になった。盛り付け方とグリーンソースの仕上げにもう一工夫を加えて、東北大会に臨んで欲しい。」と激励を送った。

「牛乳・乳製品料理コンクール」入賞作品のレシピは、当ホームページで掲載中! 是非、ご家庭で試してみてください!

「牛乳・乳製品利用料理コンクール 応募要領」の詳細はこちら。

 

 

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ