山形のくだもの(果物)

おいしい果物いっぱいの山形県

山形県は「果物王国」と呼ばれるほどたくさんの果物が栽培されてます。
それは、果実がおいしく育つのに適した気候風土、きれいな水と空気、昼夜の温度差の大きさなど恵まれた条件が揃っているからです。
さらに山形の四季ははっきりしていて、夏は暑く、冬は厳しい寒さに見舞われます。
この気象条件があればこそ、様々な果物が育ち、おいしく実るのです。

山形のくだものご紹介

くだもの名か写真をクリックすると各くだものの詳細ページにジャンプします。

果物の表示切替
  • さくらんぼ

    さくらんぼ

    山形から、さわやかな初夏のたよりを運ぶ「さくらんぼ」。
    明治元年日本に入り全国で栽培が思索され、実績をあげたのが山形県。主力ブランド「佐藤錦」は県内栽培の約70%を占めます。

  • ぶどう

    ぶどう

    夏から秋にかけて山形のぶどうの樹々は、はちきれんばかりに実を結びます。
    江戸初期に甲州から持ち込まれぶどうの栽培は始まりました。

  • メロン

    メロン

    涼しげな風貌、香り高い果肉の「メロン」。山形県庄内の砂丘地帯で育つみずみずしい夏の味覚です。メロン栽培の主流「アンデスメロン」は高い評価をうけています。

  • すいか

    すいか

    夏すいかは山形の生産量が日本一。
    しゃり感、甘さ、どれをとっても高い評価をうけている山形の「すいか」は、昭和32年山形(尾花沢)にもたらせました。

  • もも

    もも

    夏の暑い日に食べたくなる「もも」。手に取るだけで香る豊かな芳香とビロードのような果皮は、それだけでおなかがいっぱいになるようです。

  • かき

    かき

    東北でつくられる渋柿のなかでもおいしいと評判の山形の「かき」。果物の中でもビタミンやカロチンの豊富なことからヘルシーで風邪の予防や利尿作用があることでも知られています。

  • ラ・フランス

    ラ・フランス

    あふれる果汁とクリーミーな果肉。「果物の女王」と呼ばれるラ・フランスは、明治36年頃輸入され、当初は見栄えの悪さと栽培に手間がかかりほとんど見向きもされませんでした。

  • りんご

    りんご

    深まり行く秋の実りを象徴する最も身近で親しみやすい果物「りんご」。山形の「ふじ」は半分に割ると真ん中に黄色い蜜がた~っぷり。無袋栽培による恩恵です。

山形くだものマップ

山形くだもの(果物)マップ画像

 

 

〈今後、「山形のくだもの・野菜・花」のコンテンツを充実していきます。お楽しみに!〉

 

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ