山形のくだもの・野菜・花|恵まれた自然と栽培に適した気候条件が育む山形のくだもの・野菜、そして美しい花。四季折々で、おいしく、美しい山形の旬をご紹介します。

やまがた産地情報 更新履歴

2014-05-16
【アスパラガス】
2013-09-17
【ねぎ】
2013-07-25
【すいか】
2013-04-24
【きゅうり】
2012-12-21
【啓翁桜】
2012-11-30
【りんご】
2012-10-29
【ラ・フランス】

産地情報|山形のくだもの・野菜・花〔やまがた発!旬の産地情報〕

写真メイン(産地情報|山形のくだもの・野菜・花)

整備された圃場

目指せ7億円!「もがみねぎ」

場 所最上地域

撮影日2013-09-17

暑さが徐々に落ち着きはじめる9月中旬より、最上地域のねぎが出荷のピークを迎えます。最上地域は平成21年よりねぎの産地化に向け積極的に生産振興を進めており、生産数量は4年間で2倍以上に増加、栽培農家も格段に増え、県内で有数の産地となりました。

最上地域のねぎは、昼夜の寒暖差が大きいため、ねぎの栽培に適しており、葉の緑色が濃く、みずみずしい美味しさが特徴です。また、徹底した土寄せにより、軟白(なんぱく)部分が綺麗に仕上がるのが自慢であり、市場からも高い評価を得ております。

悠然と生い茂るねぎの圃場は、まるで海原のよう。稲作と兼業で取り組む農家が多く、稲の刈取りとの重複に苦心しながらも、出荷へ向けた作業に一段と熱がこもります。機械で収穫をすることが多い中、今年は大雨の影響などにより圃場がぬかるみ、手作業で収穫をする日も少なくありません。収穫されたねぎは選果場などで選果された後、箱詰めされ全国の市場へ向け出荷されます。

山形名物「芋煮」やお鍋などに、「もがみねぎ」をぜひご賞味ください。

【もがみねぎの収穫から出荷の様子】
写真1(産地情報|山形のくだもの・野菜・花)

手作業での収穫

写真2(産地情報|山形のくだもの・野菜・花)

収穫されたねぎを運ぶのも重労働です

写真3(産地情報|山形のくだもの・野菜・花)

収穫したねぎは綺麗に箱詰めされます

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ