啓翁桜(けいおうざくら)|山形の花

啓翁桜

山形から一足早い春を運ぶ「啓翁桜(けいおうざくら)」。
薄紅色の花がきれいに咲きそろうところは、厳しい冬を耐え、生命の躍動する春への喜びを象徴しているかのようです。
山形では昭和40年代全国にさきがけて促成栽培が始まり、ハウス(促成室)の中で寒さと暖かさを調節しながら真冬の開花を促してゆくなどの工夫がなされています。
お正月の飾りに、フラワーアレンジメントの材料にとその人気は高まっています。

啓翁桜の栽培

切出し前〔冬〕

啓翁桜の枝振りが充分になるまで数年かけて露地栽培します。

促成作業〔冬〕

秋の訪れの早い山形県だからこそできる促成栽培。促成室内では細心の注意をはらった温度管理を行います。

出荷前〔冬〕

促成室で開花を待つ啓翁桜の蕾。一足早い春の訪れを知らせる、ピンク色が大きく膨らみ、全国に向けて出荷されます。

切出し前の啓翁桜

切出し前の啓翁桜

啓翁桜の促成作業

啓翁桜の促成作業

出荷前の啓翁桜

出荷前の啓翁桜


啓翁桜の出荷時期

啓翁桜(けいおうざくら)写真桜の枝物は、早春を告げる花材として、正月の迎春花などに好んで使われています。
啓翁桜は、つぼみが開花すると、うす紅色をしたボリューム感のある花が綺麗に咲きそろって、明るい華やかさを演出すてくれます。
枝がスプレー状になるため、現代的なフラワーアレンジにとても適しています。



啓翁桜(けいおうざくら)の出荷時期

啓翁桜のいわれ

啓翁桜(けいおうざくら)の言われ〔図〕昭和5年、久留米市山本の良永敬太郎が中国系のミザクラを台木にしてヒガンザクラを接いだところ、穂木として使ったヒガンザクラからその枝変わりとしてできたものです。


ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ