山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

JA全農山形グループ宮城県内被災地支援(第2回)
東松島市にて炊き出しを実施

2011年6月1日

JA全農山形グループは、第2回目の被災地支援(第1回目はこちら)として、6月1日、宮城県東松島市「小野市民センター」にて炊き出しを実施しました。

今回は、運営委員会 阿部副会長をはじめJA全農山形グループ、JA共済連山形の職員ら18名が参加。阿部副会長は、「大変な被害に言葉もでません。私達にできることは、全力で支援して参ります。共に頑張ってまいりましょう。」と避難所生活を送る方や、近隣の住民の方に力強くあいさつしました。

この度は、庄内豚を使用した豚汁、玉こんにゃく、つや姫玄米茶を各300人分振る舞まったほか、JA全農山形グループから、さくらんぼ(ダイヤパック120パック)、水2リットル(180本)、JA共済連山形から水500ml(480本)がJAいしのまきへの支援物資として提供されました。

会場では、JAいしのまきによるお米の配布も同時に実施され、たくさんの方たちに喜んでいただきました。

【東松島市で炊き出しを実施したJA全農山形グループ宮城県内被災地支援の様子】

東松島市にて炊き出しを実施したJA全農山形グループ宮城県内被災地支援の様子1

被災者の方たちを前に力強くあいさつする阿部副会長

東松島市にて炊き出しを実施したJA全農山形グループ宮城県内被災地支援の様子2

作りたての豚汁、玉こんにゃくに「美味しい」との言葉をたくさんいただきました


東松島市にて炊き出しを実施したJA全農山形グループ宮城県内被災地支援の様子3

たくさんの方たちで賑わう会場

東松島市にて炊き出しを実施したJA全農山形グループ宮城県内被災地支援の様子4

 



【小野市民センターの方よりいただいた写真集】

小野市民センターの方よりいただいた写真集 小野市民センターの方より感謝を込めた写真集をいただきました。ありがとうございます。

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ