山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

宮城県の被災した子供たちによる農業体験ツアーを開催しました

2011年10月21日

宮城県の被災した子供たちによる農業体験ツアーを開催しました|JA全農山形ニュース&トピックス

10月21日、JA全農山形は、東日本大震災で被災した子供たちを励まそうと、JAさがえ西村山の協力の下、宮城県東松島市の小学生121人を招待し、寒河江市と朝日町で里芋とリンゴの収穫や芋煮会を体験するツアーを実施しました。
訪れたのは東松島市大曲小学校の4年生57名と同市矢本西小学校の6年生64名。
最初に到着した寒河江市内の園地ではJAさがえ西村山の古沢組合長が歓迎のあいさつを行ったあと、同市特産の里芋「つるり」の収穫を体験しました。児童らは、大きな葉っぱのついた茎を力いっぱい引っ張り里芋を収穫。里芋を地面から引き抜くたび、大きな歓声が響きました。

その後は河川敷へと移動し、「つるり」や山形牛などをふんだんに使った芋煮会を体験。JA全農山形 齋藤副本部長よりあいさつがあったあと、各々の班に別れ、地元の方たちの指導を受け悪戦苦闘しながら芋煮を作っていました。

最後は朝日町でリンゴ「シナノスイート」の収穫を体験。どのリンゴが良いか畑中を探し回ったり、もぎたてのリンゴが振舞われたり、児童らは終始笑顔を見せていました。


【宮城県の被災した子供たちによる農業体験ツアーのようす】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

JAさがえ西村山 古沢組合長のあいさつ

JAさがえ西村山 古沢組合長のあいさつ

里芋収穫の説明を聞く児童ら

里芋収穫の説明を聞く児童ら


里芋を力いっぱい引き抜く児童ら(1)
里芋を力いっぱい引き抜く児童ら(2)

里芋を力いっぱい引き抜く児童ら
指導を受けながら頑張って芋煮を作りました

指導を受けながら頑張って芋煮を作りました

皆で輪になり美味しくいただきました

皆で輪になり美味しくいただきました


自分達で作った芋煮の味は最高

自分達で作った芋煮の味は最高

リンゴの収穫の仕方を教えてもらう児童

リンゴの収穫の仕方を教えてもらう児童


もぎたてのリンゴは大好評

もぎたてのリンゴは大好評


ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ