山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

新春山形発! 超促成さくらんぼが初セリで12万円!

2012年1月6日

新春山形発! 超促成さくらんぼが初セリで12万円!|JA全農山形ニュース&トピックス

1月4日、雪の降りしきる真冬の山形県天童市から初夏の味覚さくらんぼが初出荷されました。

翌日の5日には東京大田市場の初セリに上場。セリ場には山形県産の華やかな啓翁桜とさくらんぼが装飾され、多くの買参人の目を引いていました。
東京青果 川田社長の新年の挨拶に続き、市場関係者が見守るなか、さくらんぼのセリが行われると、500g桐箱詰12万円という昨年の10万円を上回る値で落札。本県産さくらんぼの注目の高さがうかがえるとともに、昨年の震災や原発事故などの暗いニュースを吹き飛ばす幸先のよいスタートとなりました。

超促成栽培さくらんぼの生産者はJAてんどう管内の斎藤清邦氏と花輪和雄氏。天童市では昭和62年より大型鉢や休眠の制御を利用した超促成栽培に取り組んでおり、毎年全国の重点市場の初セリへ出荷を行っております。今年度は、天候が不安定で温度管理の重要なハウスさくらんぼにとって難しい栽培環境となりましたが、生産者の熱意が実り、今シーズンも初セリに出荷することができました。


【新春山形発! 超促成さくらんぼと初セリの様子】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

1月4日の収穫の様子

1月4日の収穫の様子

ハウスで真っ赤に色付くさくらんぼ

ハウスで真っ赤に色付くさくらんぼ


一粒一粒慎重に選果されます

一粒一粒慎重に選果されます

さくらんぼ初セリの様子

さくらんぼ初セリの様子


超促成さくらんぼの前で。JAてんどう 大沼代表理事専務(左)とJA全農山形 今田運営委員会長(右)

超促成さくらんぼの前で。JAてんどう 大沼代表理事専務(左)とJA全農山形 今田運営委員会長(右)

飾り付けられた初夏の味覚さくらんぼ

飾り付けられた初夏の味覚さくらんぼ


ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ