山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

「日本一さくらんぼブランド産地強化大会」が開催されました

2012年5月2日

◆ 日 時
平成24年4月24日(火)
◆ 場 所
山形ビッグウィング 2階大会議室
「日本一さくらんぼブランド産地強化大会」が開催されました|JA全農山形ニュース&トピックス

4月24日、山形市の山形ビッグウィングにて「日本一さくらんぼブランド産地強化大会」が開催されました。
生産者、出荷団体、県内外の市場代表者など、生産や集荷・販売に関わる関係者約460名が参集し、山形県産さくらんぼの更なる品質向上と安定生産・安定出荷に向けて意思統一がはかられました。

吉村県知事は「日本一のさくらんぼをPRしていく」とあいさつ。その後、流通関係者を代表して(株)サン・フルーツ 長谷川営業部長、東京青果(株)笹部専務より、販売・消費情勢と県産さくらんぼへの要望等について講演いただきました。

続いて、生産者を代表して東根市果樹研究連合会 鈴木会長、出荷団体を代表して当県本部 鈴木県本部長が「日本一おいしい山形のさくらんぼを全国に出荷し、その魅力をアピールしていく」と力強く決意表明しました。
また、JA山形中央会 今田会長の「エイエイオー!」の掛け声に合わせて、県産さくらんぼのブランド再構築に向けて参加者一同が結束をはかりました。


【日本一さくらんぼブランド産地強化大会の様子】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

吉村県知事挨拶

吉村県知事挨拶

鈴木県本部長決意表明

鈴木県本部長決意表明


今田会長の掛け声に合わせて、「エイエイオー!」

今田会長の掛け声に合わせて、「エイエイオー!」


ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ