山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

庄内地区 新米づくり運動の名称が決定しました!

2012年5月31日

◆ 日 時
平成24年5月23日(水)
◆ 場 所
庄内JAビル(512会議室)
庄内地区 新米づくり運動の名称が決定|JA全農山形ニュース&トピックス

庄内地区では、3ヵ年継続の運動として「米づくり運動」を展開しており、平成24年度から第14期目の新規運動を迎えることから、新規運動の名称を全国に広く募集しました。

その結果、全国から寄せられた228点の応募作品の中から、厳選な審査の結果、大阪府高槻市の池永一広さんの応募作品

 「土づくり ゆたかな未来へ 庄内米・こめづくり運動

が、5月23日開催の「庄内地区の新たな米づくり運動推進本部設立総会」にて採用されました。

新名称には、農業の最も基本となる「土づくり」による米づくりを実践し、安全でおいしいお米を消費者の皆様へ安定的にお届けすることで産地と消費地の絆を深め、庄内農業の豊かな未来を築く運動を進めるという思いが込められています。

採用された池永さんには1万円分の商品券を、また、応募者の中から抽選で5名様に「つや姫」5kgを発送いたしました。ご応募いただいた皆様に御礼申し上げますとともに山形県産米、庄内米を今後ともご愛顧下さいますよう、よろしくお願いします。


【庄内地区の新たな米づくり運動推進本部設立総会の様子】

庄内地区の新たな米づくり運動推進本部設立総会

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ