山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

日本一さくらんぼ産地総決起大会が開催されました

2013年6月4日

◆ 日 時
平成25年5月31日(金)
◆ 場 所
山形ビッグウイング(山形県山形市平久保100番地)
日本一さくらんぼ産地総決起大会が開催されました|JA全農山形ニュース&トピックス

山形県とさくらんぼ産地強化対策推進協議会主催の「日本一さくらんぼ産地総決起大会」が、5月31日、山形ビッグウイングにおいて開催されました。

露地さくらんぼの本格的なシーズンを目前に、山形県内のさくらんぼ関係者や市場・量販店関係者約500人が集い、出荷規格の統一やブランド力の強化を確認。主催者を代表し吉村県知事は、「本県は生産量・知名度ふくめ名実ともに日本一の産地であり、食産業王国山形の大きな柱である。関係機関一体となり、オール山形で日本一のさくらんぼを全国へPRしていきたい」と挨拶しました。
続けて平成25年産の作柄概況や取組内容の説明の後、出荷団体を代表しJA全農山形鈴木県本部長が、「近年さくらんぼをめぐる情勢は天候不良などにより厳しい環境にある。吉村県知事と共にトップセールスなどを実施し、さくらんぼブランド産地山形のさらなる飛躍を目指すとともに、生産者手取りの最大化、また、安全・安心なさくらんぼを消費者に届ける架け橋機能の発揮に向け、全力で取り組んでいく」と決意表明しました。
会の結びとして長澤豊JA山形中央会会長の勝どきのもと、参加者一同結束をはかりました。


【日本一さくらんぼ産地総決起大会の様子】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

吉村県知事による主催者挨拶

吉村県知事による主催者挨拶

作柄概況に熱心に耳を傾ける参加者

作柄概況に熱心に耳を傾ける参加者


鈴木県本部長より決意表明

鈴木県本部長より決意表明

長澤会長の音頭に合わせて「エイ、エイ、オー!」

長澤会長の音頭に合わせて「エイ、エイ、オー!」


ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ