山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

ハウスさくらんぼ研修会を開催

2013年12月17日

◆ 日 時
平成25年12月12日(木)
◆ 場 所
天童ホテル(山形県天童市鎌田本町2丁目)
ハウスさくらんぼ研修会|JA全農山形ニュース&トピックス

山形県さくらんぼハウス栽培研究会とJA全農山形は12月12日、天童市の天童ホテルにおいて、山形県内のハウスさくらんぼ生産者ならびに関係者約100人を参集し、栽培技術の向上と経営の安定化を目的とした栽培研修会を開催しました。

同研修会は、平成7年から毎年開催されており、本年で19回目です。JA全農山形より平成25年産ハウスさくらんぼの販売情勢および園芸資材情勢が報告された後、JAてんどう管内の生産者2名による栽培体験の成果と課題が発表されました。発表では、適正な受粉樹の配置や人工受粉作業等、結実確保に向けた取組みを報告。また、新たに加温機エコ・ステンフィンを設置するなど低コスト対策の優良事例が報告され、生産者は熱心に耳を傾け活発な意見交換がなされました。

また、山形県農業技術環境課より「省エネ対策と施肥について」、名鉄百貨店等で山形県産果実を販売している株式会社弘法屋より「青果物消費動向と小売店舗の現状について」と題した講演があり、栽培技術や流通・販売上における情報が提供されました。


【ハウスさくらんぼ研修会の様子】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

小林会長による挨拶

小林会長による挨拶

園芸情勢の報告

園芸情勢の報告


栽培事例報告(佐藤博雄氏)

栽培事例報告(佐藤博雄氏)

栽培事例報告(武田司氏)

栽培事例報告(武田司氏)


ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ