山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

新春山形発!「超促成さくらんぼ」初セリへ向け出荷

2014年1月7日

◆ 日 時
平成26年1月4日(金)・5日(
新春山形発!「超促成さくらんぼ」初セリ|JA全農山形ニュース&トピックス

1月4日、天童市の花輪和雄さんにより丹精こめて栽培された「超促成さくらんぼ」が、全国の卸売市場56社の初セリにあわせて出荷されました。

本年の超促成さくらんぼを出荷された花輪さんは、平成15年より大型鉢を用いたボックス栽培を行い、6月下旬〜10月上旬に冷蔵庫に入れ休眠状態にした後、温室ハウスで育てる超促成栽培に取り組んでいます。今年産の超促成さくらんぼは10月上旬に天候に恵まれたことと、栽培者のたゆまぬ努力により、例年になく品質・食味ともに大変良好な仕上がりとなりました。

翌1月5日には、東京都の大田市場に出荷された超促成さくらんぼの初セリが行われ、長澤豊JA全農山形運営委員会会長をはじめ、JAてんどう大沼祐一代表理事専務や鈴木英和県本部長らが出席し、市場関係者に山形特産のさくらんぼの門出をPRしました。東京青果(株) 川田社長の新年の挨拶に続きセリが行われ、500g桐箱詰が15万円(1粒あたり約2,200円)の史上最高値で落札されました。


【新春山形発!「超促成さくらんぼ」初セリへ向け出荷】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

品質を吟味

品質を吟味

今年産の超促成さくらんぼをPR

今年産の超促成さくらんぼをPR


セリの様子

セリの様子

啓翁桜に彩られた真っ赤なルビー

啓翁桜に彩られた真っ赤なルビー


ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ