山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

目指せ! 金メダル!! ソチ五輪出場選手に山形県産農畜産物を贈呈

2014年1月30日

◆ 日 時
平成26年1月26日(
◆ 場 所
加藤条治選手自宅、山形県立山形中央高校(山形市鉄砲町2丁目)
目指せ! 金メダル!! ソチ五輪出場選手に山形県産農畜産物を贈呈|JA全農山形ニュース&トピックス

JA全農山形は1月26日、2月7日に開幕する第22回冬季オリンピックソチ大会にスピードスケート日本代表として出場する、山形県出身の加藤条治選手と山形中央高校在学のウイリアムソン師円選手に、オリンピックでの大活躍を期待し、山形県産農畜産物を贈呈しました。

長澤豊JA全農山形運営委員会会長より、「つや姫」、「無洗米つや姫と健康十五穀」、「山形牛」、「庄内豚」、「山形代表」の、五輪にちなんだ5品目を贈呈。加藤選手には、遠征中の同選手に代わり、自宅にてご両親へ贈呈しました。長澤会長は「県産農畜産物を食べて、最高の結果を期待しています。」と激励。加藤選手の父昌男さんからは、「条治は山形の米が一番好き。本人は金メダルしか狙っていない。試合はやってみなければわからないが、きっと期待に応えて、山形にメダルを持ってきてくれると思う」と御礼の言葉がありました。

また、県立山形中央高校では、奥山校長、椿スケート部顧問とともに出迎えたウイリアムソン選手本人に、山形県産農畜産物を手渡しました。ウイリアムソン選手は「今回は結果にこだわらず、リラックスした滑りで大会に臨みたい」と抱負を語りました。


【目指せ! 金メダル!! ソチ五輪出場選手に山形県産農畜産物を贈呈】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

長澤会長(写真左)より遠征中の加藤条治選手に代わりご両親へ贈呈

長澤会長(写真左)より遠征中の加藤条治選手に代わりご両親へ贈呈

長澤会長よりウイリアムソン選手(写真中央)本人へ贈呈

長澤会長よりウイリアムソン選手(写真中央)本人へ贈呈


ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ