山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

JA全農WCBF少年野球教室を開催

2014年6月10日

◆ 日 時
平成26年5月31日(土)
◆ 場 所
山形県酒田市光ヶ丘野球場(山形県酒田市光ケ丘3-2-23)
JA全農WCBF少年野球教室を開催|JA全農山形ニュース&トピックス

JA全農は、子どもたちの健やかな心身の成長を願い、未来の夢を応援することを目的に、王貞治氏が理事長を務める一般財団法人 世界少年野球推進財団(WCBF)が主催する少年野球教室に特別協賛しており、「JA全農WCBF少年野球教室」を開催しています。

今年で22年目を迎える同野球教室は、子どもたちに楽しみながら正しい野球の技術を学んでもらうことに加え、指導者や保護者に、スポーツをするための土台となるトレーニング方法や、成長期の子どもたちにとって重要な栄養摂取のノウハウなどを伝える教室です。

今年度は5月30日の山形県酒田市光ヶ丘球場での開催を皮切りにスタート。開会式には齋藤副本部長が出席し、野球教室に参加した子供たちを激励しました。5月とは思えない熱い日差しが照りつける中、子供たちは元プロ野球選手の指導とあって、始めは緊張した面持ちでしたが、丁寧な教え方に徐々に目を輝かせ、活気あふれる野球教室となりました。


【JA全農WCBF少年野球教室を開催】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

齋藤副本部長が開校式で挨拶

齋藤副本部長が開校式で挨拶

熱心に指導をきく子供たち

熱心に指導をきく子供たち

元プロ野球選手の直接指導

元プロ野球選手の直接指導

バットを握る手に熱がこもります

バットを握る手に熱がこもります

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ