山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

6月は牛乳月間!
山形県産牛乳消費拡大イベントを開催

2014年6月11日

◆ 日 時
平成26年6月7日(土)
◆ 場 所
NDソフトスタジアム前 イベント広場山形県天童市山王1-1
6月は牛乳月間!山形県産牛乳消費拡大イベントを開催|JA全農山形ニュース&トピックス

山形県牛乳普及協会(事務局JA全農山形)は、6月の牛乳月間にちなみ、モンテディオ山形のホームゲーム会場において、山形県産牛乳消費拡大イベントを開催しました。

2001年、国連食糧農業機関は、牛乳への関心を高め、酪農・乳業の仕事を多くの方に知ってもらうことを目的に、6月1日を「世界牛乳の日(World Milk Day)」と定め、日本でも2008年から毎年6月1日を「牛乳の日」、6月を「牛乳月間」としております。

6月7日のモンテディオ山形ホームゲームを前に、山形県産牛乳をさらにPRするため、さくらんぼ風味のミルクドリンクの振る舞いやバター作り体験、また、県産牛乳を使用した菓子の販売を行いました。特にミルクドリンクの振る舞いでは、今や県内でおなじみとなった「被り物」により乳牛に扮した職員らが登場し、会場は騒然。

対戦相手の栃木SCサポーターらも積極的にバター作りに参加し、来場者に山形県産牛乳をPRしました。


【6月は牛乳月間!山形県産牛乳消費拡大イベントを開催】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

乳牛に扮した職員がミルクドリンクの振る舞い

乳牛に扮した職員がミルクドリンクの振る舞い

山川牧場の山川さんによるバター作り教室

山川牧場の山川さんによるバター作り教室

容器を振ってバターを作ります

容器を振ってバターを作ります

作ったバターはクラッカーにつけて試食

作ったバターはクラッカーにつけて試食

 

6月に開催されるイベントはこちらでチェックできます!
6月は牛乳月間|牛乳月間にちなんだ多彩なイベントや活動を実施します!


ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ