山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

「はえぬき」20周年連続“特A”受賞記念イベントを開催!

2014年7月2日

◆ 日 時
平成26年6月20日(金)・21日(
◆ 場 所
東京都有楽町 交通会館
「はえぬき」20周年連続「特A」受賞記念イベントを開催!|JA全農山形ニュース&トピックス

山形を代表するお米「はえぬき」の美味しさを首都圏に向けPRするため、JA全農山形は20日、21日の両日にわたり東京都千代田区有楽町の交通会館サンプリングエリアにおいて、記念イベントを開催しました。

はえぬき」は一般財団法人日本穀物検定協会が主催する平成25年産食味ランキングにおいて、20年連続で最高ランクの特Aを受賞しており、これは新潟魚沼産コシヒカリに次ぐ快挙で、国内でトップクラスの美味しさを証明しております。

イベントが開催された交通会館前では、はえぬきの20年変わらぬ美味しさに掛け、イベントに参加した来場者が長年変わらない思いを短冊にこめ、会場に設置したパネルを彩りました。イベント参加者には県産はえぬきを使用した塩おむすびと、はえぬき精米300g入りの限定ボックスがそれぞれ1,000個ずつ配られ、行列ができるほどの大盛況でした。長澤豊JA全農山形運営委員会長は「これからも何一つ変わらない品質、永遠の美味しさをお約束するこの「はえぬき」を、是非この機会にお召し上がりください」と来場者に呼びかけました。皆様に書いていただいた短冊は後日ご祈祷を行い、成就を祈願しました。


【「はえぬき」20周年連続"特A"受賞記念イベント】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

街頭の方に「はえぬき」の美味しさをPR

街頭の方に「はえぬき」の美味しさをPR

限定ボックスとおにぎりは大好評

限定ボックスとおにぎりは大好評

短冊にはたくさんの思いが込められました

短冊にはたくさんの思いが込められました

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ