山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

山形の夏「花笠まつりパレード」に参加

2014年8月15日

◆ 日 時
平成26年8月5日(火)?8月7日(木)
◆ 場 所
山形市七日町通り
山形の夏「花笠まつりパレード」に参加|JA全農山形ニュース&トピックス

JAグループ山形は8月5日、山形の夏の風物詩「山形花笠まつり」パレードに参加し、踊りや各種装飾をとおし、山形の県産農畜産物を県内外の観光客へPRしました。

52年の歴史をもつ花笠まつり。JA全農山形は昭和49年以来長年に渡りパレードに参加しており、7年前よりJAやまがたや各連合会も加わり、年々趣向を凝らし、安全で安心な県産農畜産物をPRしてまいりました。今年は山車を一新。また、今や山形でブームとなっている"かぶりもの"等をかぶった仮装集団が華を添え、例年にない盛り上がりを見せました。沿道のお客様からは「JA頑張れ!」「つや姫食べてるよ!」などと暖かいお声をかけていただき、JAグループはもとより、山形の豊富な農畜産物をPRしました。

また、5日〜7日の三日間にわたり、山形県JAビルイベント広場「ぱーくぱーく」において、ビアガーデンを開催しました。山形県産のきゅうり一本漬けや中玉トマト、山形牛ミニステーキなどを販売し、たくさんのお客様で賑わいました。さらに、「夏すいか日本一、尾花沢すいか」の振る舞いも大盛況。合わせて東日本大震災支援募金にもたくさんの善意をいただきました。


【山形の夏「花笠まつりパレード」に参加】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

山形県農業協同組合代表経営者協議会の髙谷会長が山車からPR

山形県農業協同組合代表経営者協議会の髙谷会長が山車からPR

各連合会の代表者が横断幕を持って行進

各連合会の代表者が横断幕を持って行進

浴衣姿の女性が観客を魅了

浴衣姿の女性が観客を魅了

のぼり隊やパラソルダンサーズなど、多様な演出を繰り広げました

のぼり隊やパラソルダンサーズなど、多様な演出を繰り広げました

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ