山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

毎月5日は「5(ご)はんの日」! おにぎり配布を実施

2014年10月10日

◆ 日 時
平成26年10月5日(
◆ 場 所
山形市内
毎月5日は「5(ご)はんの日」! おにぎり配布を実施|JA全農山形ニュース&トピックス

JA全農山形は、の消費低迷が続く中、県産米の消費拡大をはかるため毎月5日を「ごはんの日」と定め、その取り組みの第一弾として、10月5日に開催された「やまがたまるごとマラソン」において、餅の配布と新米「はえぬき」を使用したおにぎりの配布をおこないました。

餅は、手軽に効率よく糖質を摂取することができ、マラソンに代表される持久力系のスポーツ選手の勝負食としても取り入れられています。山形市総合スポーツセンター内のスタート地点付近に設けた餅配布ブースでは、号砲前に英気を養おうと早朝から長蛇の列ができ、砂糖醤油で味付けされた餅を受け取るランナーや応援客で賑わいをみせました。

また、山形県JAビル前ではレース中のランナーに一口大のおにぎりを配布。中盤地点ということもあり、ランナーは疲労の色を見せていましたが、声援と共におにぎりを受け取ると、笑顔で後半戦へ向かいました。

JA全農山形のお米推進キャラクター「稲作戦隊おこめんジャー」も応援にかけつけ、県内外の参加者へ山形県産米をPRしました。


【毎月5日は「5(ご)はんの日」! おにぎり配布を実施】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

おこめんジャーもかけつけおにぎりの配布

おこめんジャーもかけつけおにぎりの配布

早朝から多くの方がお餅を受け取りました

早朝から多くの方がお餅を受け取りました

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ