山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

「うけつごう緑の大地 羽ばたこうぼくらの未来へ!」
 第38回全国育樹祭に出店

2014年10月21日

◆ 日 時
平成26年10月12日(
◆ 場 所
山形県遊学の森(金山町)
「うけつごう緑の大地 羽ばたこうぼくらの未来へ!」第38回全国育樹祭に出店|JA全農山形ニュース&トピックス

JA全農山形は10月12日、山形県金山町遊学の森で開催された第38回全国育樹祭「おもてなし広場」に出店し、県内外からの来場者に山形県産農畜産物をPRしました。

全国育樹祭は、健全で活力ある森林を育て、次の世代に引き継ぐことの大切さを伝えるために、昭和52年から毎年秋季に行われている国民的な緑の祭典です。

当日はすっきりと晴れあがった秋空のもと、前日から県内入りされた皇太子さまが、記念式典において「緑を守り、育んできた技術や文化を次の世代に引き継いでいくことは、極めて大切なこと」とお言葉を述べられ、天皇陛下が2002年の植樹祭で植えられた木々に肥料を施されました。

また、式典に隣接した「おもてなし広場」内の販売ブースでは、新米のつや姫をはじめ、りんごや刈谷梨、シャインマスカット、ピオーネなどの山形の旬の果物、県産果汁飲料などを販売。どれも大好評で、準備した商品がすべて完売するなど、山形の秋の味覚を存分にアピールしました。


【「うけつごう緑の大地 羽ばたこうぼくらの未来へ!」第38回全国育樹祭に出店】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

りんごやぶどうなど秋の味覚を販売

りんごやぶどうなど秋の味覚を販売

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ