山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

超促成さくらんぼ初出荷&初セリ

2015年1月6日

◆ 日 時
平成27年1月5日(月)
◆ 場 所
東京大田市場(東京都大田区東海三丁目2番1号)
超促成さくらんぼ初出荷&初セリ|JA全農山形ニュース&トピックス

言わずと知れた山形を代表する果物「さくらんぼ」。新春の1月4日、JAてんどうの生産者花輪和雄さんの園地より、超促成栽培された「初夏の味覚」が全国の市場へ向け初出荷されました。

天童市では、古くから大型の鉢に木を植え、冷蔵により「冬」を体感させた後、温室ハウスで栽培する「超早期加温ボックス栽培」に取り組んでおり、毎年県内で最も早いさくらんぼの出荷を行っています。今年は燃油高騰の影響もあり、生産量は昨年の約4分の1となってしまいましたが、甘みや色つや、粒の大きさなど申し分なく、例年より高品質なさくらんぼとなりました。

そのさくらんぼが、1月5日の大田市場の初セリにおいてセリにかけられました。セリが行われる大田市場内東京青果?のマンモス競売場では、同じく山形を代表する「啓翁桜」と共に中央に彩られ、黒井德夫JA全農山形運営委員会副会長や大沼祐一JAてんどう代表理事専務が見守る中、セリが行われました。注目の価格は、500g桐箱詰めのものが15万円と、昨年度同様の高値となりました。


【超促成さくらんぼ初出荷&初セリの様子】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

黒井副会長らが大田市場でPRしました

黒井副会長らが大田市場でPRしました

最高値のさくらんぼ

最高値のさくらんぼ

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ