山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

やまがた新米初出荷
平成27年山形県産新米出荷式を開催

2015年9月25日

◆ 日 時
9月18日(金)
◆ 場 所
山居倉庫(酒田市山居町一丁目1‐8)
平成27年山形県産新米出荷式|JA全農山形ニュース&トピックス

JA全農山形は9月18日、酒田市の山居倉庫において、平成27年産新米出荷式を行いました。

出荷式には、県や東北農政局などの関係者ら約70名が出席。関係者を代表し、長澤豊JA全農山形運営委員会長が「8月後半からやや日照が少なく米の生育が心配されたが、今年の出来も上々。昨日までの1等米比率は100%で、高品質・良食味の山形県産米を消費者にお届けできる」とあいさつ。集荷、販売の拡大に合わせ、食味ランキング「特A」連続獲得を祈願しました。

式典では、JA全農山形もちつき隊が、威勢の良いかけ声とともに勇壮なもちつきを披露。明治時代から今もなお使用している歴史ある米倉庫「山居倉庫」からの初出荷をひと目見ようと集まった地域住民らに、つきたての餅が振る舞いました。さらに、JA全農山形の米消費拡大キャラクター「稲作戦隊おこめんジャー」もかけつけ、初出荷イベントに華を添えました。

トラック運転手への花束贈呈に続き、役員・来賓らによるテープカットが行われ、羽黒山神社の山伏が勇ましく吹くほら貝が鳴り響く中、はえぬきとひとめぼれ計27トンを積んだトラック2台が消費地に向け出発しました。


【平成27年山形県産新米出荷式】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

新米出荷の抱負を語る長澤会長

新米出荷の抱負を語る長澤会長

初出荷を祝うテープカット

初出荷を祝うテープカット

消費地へ向けて出荷される山形県産米

消費地へ向けて出荷される山形県産米

もちつき隊が豪快なもちつきで観客魅了!

もちつき隊が豪快なもちつきで観客魅了!

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ