山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

園芸拡大推進大会を開催! 園芸王国山形の確立に向けて
「より近く」「より深く」「より前へ」

2016年4月19日

◆ 日 時
平成28年4月15日(金)
◆ 場 所
山形国際ホテル(山形市香澄町3-4-5)
園芸拡大推進大会を開催!園芸王国山形の確立に向けて「より近く」「より深く」「より前へ」|JA全農山形ニュース&トピックス

JA全農山形は4月15日、山形国際ホテルで、2016年度の園芸事業の展開に向けて園芸拡大推進大会を開催しました。
来賓の吉村美栄子山形県知事をはじめ、山形県内各JA、全国の主要市場関係者ら約250人が出席。「園芸王国山形」の確立に向けて、生産者、JA、市場が一体となって生産・販売強化に取り組むことを確認しました。

大会に先立ち、長澤豊JA全農山形運営委員会長は、「作ったものを売るプロダクトアウトから、消費者・実需者ニーズに基づく生産・販売を行うマーケットインへの事業転換を進め、生産から販売まで一貫した取り組みを目指します。『より近く』『より深く』『より前へ』をスローガンに積極的に取り組みます」とあいさつ。

大会では、持続可能な園芸生産基盤の拡充強化と集荷拡大、生産者手取りの安定化に向けたマーケットインの生産・販売戦略を展開すると発表。生産振興の実践では、栽培実証圃「チャレンジファーム」の新設による、実需者ニーズに合わせた試験的な生産に取り組みます。また、市場のニーズに合わせた「契約栽培」の強化に加え、「買取販売」「値決め販売」の実践などに取り組むとしています。

最後は、秋葉尚弘山形県JA園芸振興協議会長の掛け声で、出席者全員でがんばろう三唱を行い、今年の園芸作物の有利販売を祈念しました。


【園芸拡大推進大会の様子】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

大会に先立ち長澤会長があいさつ

大会に先立ち長澤会長があいさつ

生産者、JA、市場関係者をはじめ、大勢の方々にご出席いただきました

生産者、JA、市場関係者をはじめ、大勢の方々にご出席いただきました

有利販売を祈念してがんばろう三唱

有利販売を祈念してがんばろう三唱

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ