山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

ヤッショウ!JAグループ山形!
山形花笠まつりパレードで県産農畜産物をPR

2016年8月15日

◆ 日 時
平成28年8月5日(金)〜7日(
◆ 場 所
山形市内
ヤッショウ!JAグループ山形!山形花笠まつりパレードで県産農畜産物をPR|JA全農山形ニュース&トピックス

JA全農山形は8月5日、第54回山形花笠まつりパレードに参加し、豪華絢爛な山車と趣向を凝らした踊り手隊列の編成で、県内外からの多くの観光客に県産農畜産物をPRしました。

東北を代表するお祭りの1つである「山形花笠まつり」。JA全農山形は、通算43回目の参加で、9年前からは、JAやまがたやJA各連合会とともに「JAグループ山形」として参加しています。
今年は、神輿、纏隊、提灯隊を新たに結成し、力強いパフォーマンスを披露。「ヤッショウ!はえぬき!山形牛!」の掛け声に合わせ、JAグループ山形が一体となって、県産農畜産物をアピールしました。

また、花笠まつり開催期間中の5日〜7日、山形県JAビル駐車場前イベント広場「ぱーくぱーく」では、山形牛ミニステーキをはじめ、キュウリの一本漬けや冷やしトマトなどの県産農畜産物販売とビアガーデンを開催。初日の5日には、毎月5日は「ごはんの日」のイベントとして、1,000名様限定で「つや姫1合パック2袋」を振る舞いました。休日を含む開催ということもあり、ブースは連日訪れた多くの観光客でにぎわいました。


【ヤッショウ!JAグループ山形! 山形花笠まつりパレードで県産農畜産物をPR】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

JAグループ山形総勢200人で花笠まつりに参加!

JAグループ山形総勢200人で花笠まつりに参加!

笠がそろった美しい正調踊り

笠がそろった美しい正調踊り

豪快な笠回し踊りで観客を魅了

豪快な笠回し踊りで観客を魅了

ぱーくぱーくでは県産農畜産物を販売しました

ぱーくぱーくでは県産農畜産物を販売しました

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ