山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

園芸産地拡大実証研修農場『オープンファーム』を開催!!

2016年9月16日

◆ 日 時
平成28年9月5日(月)
◆ 場 所
JA全農山形園芸産地拡大実証研修農場(三川町)
園芸産地拡大実証研修農場『オープンファーム』を開催!! |JA全農山形ニュース&トピックス

JA全農山形は9月5日、三川町の同園芸産地拡大実証研修農場で、農場の取り組みを初めて一般向けに公開する「オープンファーム」を開催しました。会場では、農場で試験栽培をしている野菜の栽培に関する無料相談会や、農作業の軽量化にかかる「アシストスーツ」の体験コーナーなど、農業技術と取り組みを紹介をしました。

野菜相談コーナーでは、訪れた人が「家で育てているトマトの上の方に実が付かない」「ズッキーニを真っ直ぐ育てたいがどうしたらよいか」などと熱心に質問し、農場の職員らが専門的な視点でアドバイスをしていました。

また、同会場のハウス内では、三川町立みかわ幼稚園・保育園の園児らが、全農オリジナル品種のトマト「アンジェレ」のもぎ取りを体験。太陽をたっぷり浴びてたわわに実ったあま〜い「アンジェレ」を収穫する子どもたちの歓声が響きました。さらに、JA全農山形の米消費拡大をPRするオリジナルキャラクター「稲作戦隊おこめんジャー」のはえぬきんがサプライズで登場し、園児らにおこめんジャーグッズをプレゼント!はえぬきんの登場に園児らは大喜びでした。


【園芸産地拡大実証研修農場『オープンファーム』を開催!! 】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

野菜栽培の相談に職員がお答え!

野菜栽培の相談に職員がお答え!

おいしそうにトマトをほお張っていました♪

おいしそうにトマトをほお張っていました♪

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ