山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

6月1日は『牛乳の日』 高校生牛乳モ〜っと飲もう!!

2017年6月5日

◆ 日 時
平成29年6月1日(木)
◆ 場 所
JR山形駅東口(山形市香澄町1-1-1)
6月1日は『牛乳の日』 高校生牛乳モ〜っと飲もう!!|JA全農山形ニュース&トピックス

山形県牛乳普及協会(事務局=JA全農山形)は6月1日「牛乳の日」にちなみ、JR山形駅で登校する高校生らに山形県産牛乳200mlと県産米「つや姫」おにぎりのセットを500袋無料配布しました。

JA全農山形の職員が、「6月1日は『牛乳の日』です。牛乳をたくさん飲んでね」と声を掛けながら牛乳の入った袋を手渡しました。配布開始から約10分でなくなるほどの好評ぶりで、牛乳の入った袋を受け取った山形市内の高校生徒は「キャンペーン自体初めて知った。牛乳のおいしさに改めて気づくきっかけになった。学校のみんなに広めたい」と話し、思いがけないプレゼントに喜んでいました。

この日はつや姫レディも参加し、セットで配布したつや姫おにぎりのPRも行いました。

「牛乳の日」は、FAO(国際連合食糧農業機関)が提唱しており、日本でもこれに合わせ6月1日を「牛乳の日」として、消費拡大をPRしています。給食が終了し牛乳を飲む機会が少なくなる高校生をターゲットとしており、成長期に必要な栄養分が含まれている牛乳を、改めて意識して飲んでもらおうと毎年呼び掛けています。

キャンペーンの担当者は、「これを機会に高校生にもっと県産牛乳を飲んでもらい、健やかに成長してもらいたい」と話しました。 


【6月1日は『牛乳の日』 高校生牛乳モ〜っと飲もう!!】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

高校生に牛乳の消費拡大を呼び掛ける職員

高校生に牛乳の消費拡大を呼び掛ける職員

つや姫レディも参加し、ブランド米「つや姫」をPRしました

つや姫レディも参加し、ブランド米「つや姫」をPRしました

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ