山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

みちのくの「尾花沢すいか」で笑顔いっぱい 
すいかの振る舞いを実施

2017年8月17日

◆ 日 時
平成29年8月11日(金)
◆ 場 所
山形県総合運動公園(天童市山王1-1)
みちのくの「尾花沢すいか」で笑顔いっぱい すいかの振る舞いを実施|JA全農山形ニュース&トピックス

JA全農山形とJAみちのく村山は8月11日、山形県総合運動公園で開催されたモンテディオ山形のホームゲームに合わせ、名産の「尾花沢すいか」の振る舞いを行い、旬のすいかのおいしさをPRしました。

すいかの振る舞いコーナーには、約1,000人分の「尾花沢すいか」が用意され、今年の味を確かめようとする人で、配布開始前から長蛇の列がつくられました。
配布スタートの合図でJAの職員らからすいかが手渡されると、「大きなすいか!嬉しい!」との声とともに、大人から子どもまで笑顔ですいかをほお張っていました。
 
同日のモンテディオ山形 vs ツエーゲン金沢戦の試合前には、園芸王国山形キャンペーンガールの金澤優子さんより「尾花沢すいか」の魅力やおいしさの紹介が、「山形県民応援デー」で、今季最多動員となった1万2千人の来場者に向けて行われました。

また試合後には、ホーム戦を見事に勝利で飾ったモンテディオ山形の山田拓巳選手と佐藤優平選手に『おいしい山形ヒーロー賞』として「尾花沢すいか」2玉がそれぞれ贈られました。


【みちのくの「尾花沢すいか」で笑顔いっぱい すいかの振る舞いを実施の様子】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

約1,000名分の「尾花沢すいか」を用意。慣れた手つきですいかを切っていました

約1,000名分の「尾花沢すいか」を用意。慣れた手つきですいかを切っていました

名産の「尾花沢すいか」をどうぞ!JA職員が1つ1つ手渡しました

名産の「尾花沢すいか」をどうぞ!JA職員が1つ1つ手渡しました

冷たくてあま?いすいかは目を見張るおいしさ

冷たくてあま?いすいかは目を見張るおいしさ

園芸王国キャンペーンガールの金澤さんが、観客に尾花沢すいかをPRしました

園芸王国キャンペーンガールの金澤さんが、観客に尾花沢すいかをPRしました

山田選手と佐藤選手に「尾花沢すいか」を贈りました

山田選手と佐藤選手に「尾花沢すいか」を贈りました

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ