山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

JA全農山形野球部 初の『準優勝』
第22回広域合併JA交流親善野球大会

2017年9月4日

◆ 日 時
平成29年9月1日(金)
◆ 場 所
米沢市内
JA全農山形野球部 初の『準優勝』 第22回広域合併JA交流親善野球大会|JA全農山形ニュース&トピックス

JA全農山形野球部は9月1日、米沢市で開催された第22回広域合併JA交流親善野球大会に出場しました。

初戦はJA庄内たがわと対戦。初の対戦でしたが、序盤のリードを守りきり3−2で勝利。初めて初戦を突破しました。
続く2回戦の相手は強豪JAやまがた。白熱した試合展開となり、2−2のまま、最後は大会ルールで初めて決勝に進みました。

決勝戦は、昨年優勝のJA山形おきたま。初めての決勝戦に臨み、序盤では強豪相手にリードする展開となりましたが、2連覇がかかるJA山形おきたまの猛追に合い、惜しくも5−2で敗れました。

決勝で敗れはしたものの、初めて『準優勝』という好成績を収めることができ、報告会では熱戦を繰り広げた選手らに大きな拍手が送られました。

野球部の宍戸和雄監督は「地道な練習の成果であり、部員全員がこの結果に自信を得たのではないか。」と話しました。
城戸口亮キャプテンは「来年、また全農野球大会に向けて着実に力を付け、優勝をものにしたい」と話し、更なる飛躍を誓いました。

この大会で活躍した選手に贈られる「優秀選手賞」に、今年新加入の奥山大地選手が輝きました。


【JA全農山形野球部 初の『準優勝』 第22回広域合併JA交流親善野球大会の様子】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

白熱した試合を展開しました

白熱した試合を展開しました

強い日差しが照りつける中、全力でプレー

強い日差しが照りつける中、全力でプレー

初の準優勝を飾ったJA全農山形野球部(左)

初の準優勝を飾ったJA全農山形野球部(左)

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ