山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

「総称 山形牛」トップセールス in 香港&台湾

2018年2月9日

日時・場所
平成29年11月1日〜平成29年11月30日
香港 JA全農ミートフーズの直営店「和牛焼肉 純」
 
平成30年1月18日〜21日
台湾 台北市「微風広場」・高雄市「大立百貨店」
「総称 山形牛」トップセールス in 香港&台湾|JA全農山形ニュース&トピックス

JA全農山形は、山形県産農畜産物の輸出拡大に向けた取り組みを積極的におこなっています。昨年11月と今年1月に香港・台湾において、山形県のブランド牛「総称 山形牛」のトップセールスをおこないました。

香港においては、平成29年11月1日から1カ月間、JA全農ミートフーズの直営店「和牛焼肉 純」にて、「山形フェア」と称した県産農畜産物フェアを実施。初日には、阿部茂昭運営員会副会長が尖沙咀店(チム・サー・ツイ店)を訪れ、招待された香港国内の有名レストランシェフやバイヤー、メディア関係者など約30名に対し山形県産農畜産物のPRを行いました。
山形牛をはじめ、高品質庄内豚「ぶーみん」つや姫ラ・フランスなどをふんだんに使用した特別メニューがふるまわれ、招待された関係者は山形牛の舌の上でとろけるまろやかな味わいやラ・フランスの濃厚な甘みに喉を唸らせました。山形牛は既に一部高級スーパー等での販売が開始されており、同店舗を中心に今後もフェアを実施し、外食産業をはじめとする様々な販路への推進をはかっていきます。

また、台湾では、昨年9月の日本産牛肉輸入解禁を受け、台北市「微風広場」と高雄市「大立百貨店」の2店舗において、平成30年1月18日から21日までの4日間、「山形フェア」を実施しました。山形牛をはじめシャインマスカットや山形県産農畜産物の加工品などを取り揃えての開催となり、フェア期間中の20日と21日には、阿部副会長・後藤和雄県本部長・吉村美栄子山形県知事によるトップセールスも行われ、フェアをより一層盛り上げることができました。
阿部副会長は「日本国内でもトップレベルのブランド牛の味を確かめてもらい、是非山形のファンになっていただきたい」とPR。山形牛サーロインのブロック肉が登場すると、その美しさに来場者から歓声が上がりました。
PRスピーチの後には、山形牛と新品種の県産米「雪若丸」を使用したミニ牛丼、ミニステーキ丼のふるまいや庄内柿のプレゼントがおこなわれ、春節前の需要期で賑わう店内が更なる活気で溢れ、日本の農畜産物に対する関心の高さが伺えました。


【「総称 山形牛」トップセールス in 香港&台湾】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

台北市微風広場でトップセールを行う左から吉村山形県知事・阿部運営委員会副会長・後藤県本部長

台北市微風広場でトップセールを行う左から吉村山形県知事・阿部運営委員会副会長・後藤県本部長

和牛焼肉純での山形県本部職員による山形牛PR

和牛焼肉純での山形県本部職員による山形牛PR

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ