山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

「第7回日本一さくらんぼ祭り」で山形県産農畜産物を販売

2018年7月6日

◆ 日 時
平成30年6月23日()〜6月24日(
◆ 場 所
山形県JAビル前広場ぱ〜くぱ〜く(山形市七日町)
「第7回日本一さくらんぼ祭り」で山形県産農畜産物を販売|JA全農山形ニュース&トピックス

JA全農山形は、6月23日と24日の2日間、山形市七日町で開催された「第7回日本一さくらんぼ祭り」において、JAビル駐車場前イベント広場「ぱーくぱーく」に販売ブースを設置し、山形県産農畜産物の販売を通じて、県内外の観光客に山形県産農畜産物をPRしました。

23日のさくらんぼ祭りの一日目には、文翔館の特設ステージでJA全農COUNT DOWN JAPANの公開生放送が行われ、JA全農山形の長澤豊運営委員会会長が出演。旬のさくらんぼ「佐藤錦」やJA全農の取り組みをPRしました。また、JA全農山形ブース隣で番組特設ブースを設置し、番組特製オリジナルフォトフレームで記念撮影し、SNSにアップしていただいた方に、番組オリジナルステッカーと山形県産「佐藤錦」果汁を使用したJA全農山形さくらんぼゼリーのプレゼントを実施しました。

販売ブースでは、両日ともに山形県の旬の味覚が大集合。山形県が日本一を誇るさくらんぼの「佐藤錦」をはじめ、冷しトマトや山形牛のミニステーキなど、旬のおいしさを多くの来場者に味わっていただきました。
さらにさくらんぼ祭りにおける全農山形ブースでの定番となった「カップ入りさくらんぼ」は、子どもから大人まで手軽に味わえると大好評。県産農畜産物の初夏の味覚を求め、山形県内外から多くの来場者で賑わいを見せました。


【「第7回日本一さくらんぼ祭り」で山形県産農畜産物を販売の様子】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

長澤会長がラジオ番組に出演し、佐藤錦をPR

長澤会長がラジオ番組に出演し、佐藤錦をPR

山形県本部ブース脇では、オリジナルフォトフレームでの撮影を行いました

山形県本部ブース脇では、オリジナルフォトフレームでの撮影を行いました

定番になった佐藤錦を使ったさくらんぼグラスを販売

定番になった佐藤錦を使ったさくらんぼグラスを販売

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


月別 アーカイブ

JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ