山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

2018年度JA全農東北地区野球大会を開催!

2018年8月1日

◆ 日 時
平成30年7月27日(金)〜28日(
◆ 場 所
天童市スポーツセンター 野球場(山形県天童市大字小関1230)
2018年度JA全農東北地区野球大会の開催!|JA全農山形ニュース&トピックス

2018年度JA全農東北地区野球大会が山形県天童市の天童市スポーツセンター野球場と山形県総合運動公園野球場を会場に27日、28日に開催されました。この大会は2015年度から東北地区を持ち回りで開かれており、山形県では初の開催。開催県の県本部であるJA全農山形は全国大会を目指し激戦を繰り広げました。

開会式では、JA全農山形の後藤和雄県本部長より「県本部間での親睦を深め、全農としての一体感を醸成するとともに、日頃の練習の成果を十二分に発揮できるよう頑張って下さい」と選手を激励。JA全農あきたの佐藤俊博野球部主将が選手宣誓を行い、JA全農の安田忠孝常務の豪快な始球式で試合が始まりました。
今大会は、リーグ戦総当たり方式で試合が行れ、炎天下のもと練習の成果を遺憾なく発揮すべく、各チーム全力のプレーが繰り広げられました。

JA全農山形は、初戦をJA全農福島と対戦し、4−9で敗北。2回戦のJA全農みやぎ戦では1−6で敗れ、惜しくも予選リーグ敗退となりました。2日目の最終戦であるJA全農あきた戦では、5−2と1日目の悔しさを爆発させた試合展開となり白星を挙げました。

今大会の優勝は、JA全農福島が輝き、10月26日、27日に埼玉県で開かれる全国大会に出場します。

また、この大会で活躍した選手に贈られる優秀選手賞にJA全農山形から鈴木翔之選手が選ばれました。


【2018年度JA全農東北地区野球大会を開催!】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

豪快なフォームで始球式を務める安田常務

豪快なフォームで始球式を務める安田常務

炎天下のなか試合を行う選手たち

炎天下のなか試合を行う選手たち

野球大会に臨むJA全農山形野球部

野球大会に臨むJA全農山形野球部

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


月別 アーカイブ

JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ