山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

とってもあま〜い「尾花沢すいか」のふるまい

2018年8月15日

◆ 日 時
平成30年8月11日(
◆ 場 所
山形県総合運動公園 NDソフトスタジアム(天童市山王1-1)
とってもあま〜い「尾花沢すいか」のふるまい|JA全農山形ニュース&トピックス

JA全農山形とJAみちのく村山は8月11日の、天童市の山形県総合運動公園NDソフトスタジアムで、サッカーJ2リーグのモンテディオ山形 vs 東京ヴェルディのホーム戦に合せて「尾花沢すいか」のふるまいを行いました。

ふるまいには、「尾花沢すいか」を約1,000人分用意。旬のスイカの味を確かめようと、配布前から長蛇の列を作りました。配布には、モンテディオ山形の摂津颯登(はやと)選手もサプライズ参加し、山形県内外のサポーターへファンサービスを行いながら手渡されました。参加した人は、夏の味覚であるスイカを味わい「とっても甘くておいしい」と笑顔で語り、猛暑の中ひとときの涼を満喫していました。

また、ホーム戦開始前には、JA全農山形の園芸大国山形キャンペーンガール金澤優子さんが来場者に向け「尾花沢すいか」の品質や魅力をアピールし、消費拡大を呼びかけました。


【とってもあま〜い「尾花沢すいか」のふるまいの様子】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

手慣れた手つきで尾花沢すいかを切り分けていくJAみちのく村山の職員

手慣れた手つきで尾花沢すいかを切り分けていくJAみちのく村山の職員

摂津選手(中央)とともに尾花沢すいかを配布

摂津選手(中央)とともに尾花沢すいかを配布

尾花沢すいかを味わうサポーターたち

尾花沢すいかを味わうサポーターたち

一時間前PRタイムで尾花沢すいかをPRする園芸大国山形キャンペーンガール

一時間前PRタイムで尾花沢すいかをPRする園芸大国山形キャンペーンガール

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ