山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

JAグループ山形が実習用農業機械を贈呈
農林大学校「農大祭」で展示

2018年11月5日

◆ 日 時
平成30年10月29日(
◆ 場 所
山形県立農林大学校(新庄市大字角沢1366)
JAグループ山形が実習用農業機械を贈呈 農林大学校「農大祭」で展示|JA全農山形ニュース&トピックス

JAグループ山形は10月29日、山形県立農林大学校へ実習用農業機械として、大型トラクター2台とロータリーなどを贈呈しました。

贈呈されたトラクターは、JA全農が生産現場の声を反映して開発し、10月から共同購入を始めたヤンマーアグリ社の「YT357JZUQH」。60馬力、マニュアル操作で実用性を重視した仕様で、おおむね1日給油せずに作業ができるなど、高機能・低価格を追求した最新鋭の機種です。  
JA共済連山形の依頼を受けてJA全農山形が選定し、山形県内で初めて農林大学校で使用されます。

贈呈式では、JA共済連山形運営委員会の長澤豊会長が、農林大学校の石川一夫校長と学生会の安達修哉会長に目録とキーを渡しました。

寄贈されたトラクターは、11月3日開催の農林大学校「農大祭」の会場で展示されました。

農機の詳細はJA全農ホームページへ
https://www.zennoh.or.jp/teicost/nouki/index.html


【JAグループ山形が実習用農業機械を贈呈】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

実習用トラクター2台やロータリーなどを贈呈しました

実習用トラクター2台やロータリーなどを贈呈しました

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


月別 アーカイブ

JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ