山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

新品種米「雪若丸」 JAL国際線ラウンジで提供始まる

2018年11月19日

◆ 日 時
平成30年11月1日(木)
◆ 場 所
東京国際空港(羽田空港)JAL国際線ラウンジ(東京都大田区羽田空港)
新品種米「雪若丸」 JAL国際線ラウンジで提供始まる|JA全農山形ニュース&トピックス

今秋本格デビューした山形県産米新品種「雪若丸」が、11月1日より、日本航空(株)(JAL)の国際線ラウンジで提供が始まりました。山形県本部が納入し、東京国際空港(羽田)と成田国際空港のJAL国際線ファーストクラスラウンジとサクララウンジの食事に使用されています。

JALでは、これまで同じ山形県産米の「はえぬき」を使用。「雪若丸」のしっかりした粒感と粘りのバランスが取れた特性に高評価を頂き、今回の採用に至りました。インターネット交流サイト(SNS)で人気を集めている「JAL特製オリジナルビーフカレー」ともお楽しみいただけます。

初日の11月1日には、東京都中央区銀座にある山形県アンテナショップ「おいしい山形プラザ」で記念イベントを開催。来店した先着555人に「雪若丸」1合シート2個のプレゼントや試食などを行いました。


【新品種米「雪若丸」 JAL国際線ラウンジで提供始まる】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

山形県アンテナショップ「おいしい山形プラザ」で開かれたイベントに出席した後藤和雄山形県本部長(前列右)、竹田亨JAL経営企画本部地域活性化推進部長(前列左)ら

山形県アンテナショップ「おいしい山形プラザ」で開かれたイベントに出席した後藤和雄山形県本部長(前列右)、竹田亨JAL経営企画本部地域活性化推進部長(前列左)ら

JAL国際線ラウンジで提供される「雪若丸」使用の「ラウンジカレー」(右)と和食

JAL国際線ラウンジで提供される「雪若丸」使用の「ラウンジカレー」(右)と和食

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


月別 アーカイブ

JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ