山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

鶴岡高専と研究交流で協定 
ウェザーステーション設置し、栽培管理確立と実用化目指す

2019年3月26日

◆ 日 時
平成31年3月20日(水)
◆ 場 所
JA庄内たがわ三川支所(三川町大字横山字袖東18‐2)
鶴岡高専と研究交流で協定 ウェザーステーション設置し、栽培管理確立と実用化目指す|JA全農山形ニュース&トピックス

JA全農山形と鶴岡工業高等専門学校は3月20日、「研究交流と地域貢献に関する協定書」を締結しました。JA全農山形園芸産地拡大実証研修農場に、鶴岡高専が開発した「KOSEN版簡易ウェザーステーション」を設置し、気象データを基に作物の栽培管理や指導方法の確立と実用化を目指した共同研究を実施します。

KOSEN版簡易ウェザーステーションは、同校の神田和也副校長が代表を務める全国KOSEN農業ICTネットワークが平成22年から開発に取り組んできました。温度、湿度、気圧、風向、風速、雨量、日射量を計測・分析し、データをクラウドで共有。専用サイトを通じて、パソコンやスマートフォンなどで確認できます。計測の機械は太陽電池とバッテリを備えているため、電源確保の心配もなく、露地にも対応できます。

現在、既存の気象データ観測システムは高額なため、普及していないのが現状です。鶴岡高専が開発したシステムは、高機能かつ低価格で、一般農家へ普及・販売することを目指しています。今回、県本部の農場ハウス内に11基、屋外に1基の計12基を設置しました。ハウスには、4月以降ミニトマトやパプリカなどの作付を予定しています。

同日開いた記者会見で、山形県本部の後藤和雄県本部長は「AIやICTの導入によって、栽培技術の継承や新規就農者の参入に期待できる」と話しました。鶴岡高専の髙橋幸司校長も「全国の革新的なモデルケースとなる。協力して成果を上げたい」と意気込みました。

また、会見後には、鶴岡高専として初となる出前講座として、農場の研修生(新規就農者)を対象にウェザーステーション講習会を行い、ウェザーステーションの組み立て方やシステムの活用方法を学びました。


【鶴岡高専と研究交流で協定】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

協定書を結び、握手を交わす後藤県本部長(右)と髙橋校長

協定書を結び、握手を交わす後藤県本部長(右)と髙橋校長

農場に設置された「KOSEN版簡易ウェザーステーション」

農場に設置された「KOSEN版簡易ウェザーステーション」

鶴岡高専による講習会でシステムの活用方法などを学びました

鶴岡高専による講習会でシステムの活用方法などを学びました

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


月別 アーカイブ

JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ