山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

JA職員向けにドローン研修会を開催 
実演で機能や特徴を紹介

2019年3月27日

◆ 日 時
平成31年3月22日(金)
◆ 場 所
協同の杜JA研修所(山形市東古舘123番地)
JA職員向けにドローン研修会を開催 実演で機能や特徴を紹介|JA全農山形ニュース&トピックス

JA全農山形は3月22日、山形市の協同の杜JA研修所で、農業用ドローンの機能や操作性などを学ぶ研修会を開催しました。

県内のJA職員や農業用ドローンメーカー約100人が出席。ドローンのメーカー5社〔ヤンマーアグリジャパン(株)、やまびこジャパン(株)、クボタアグリサービス(株)、(株)丸山製作所、(株)ナイルワークス〕が使用方法や機能の説明を行った後、屋外で実演会を行いました。

実演会では、各社が開発したドローンで、農薬に見立てた水を散布するデモ散布飛行を行いました。
ヤンマーとクボタ、やまびこは、高性能レーダーによる遠隔操作や防除ヘリのノウハウを生かした散布機能を紹介しました。丸山製作所は小回りが利くコンパクトボディを、ナイルワークスは、既存の農業用ドローンでは唯一の全自動運転をアピールしました。

JA全農山形では、さらなる進化が予想されるドローンの最新情報などを提供できるよう、今後も研修会や実演会の開催を予定しています。


【JA職員向けのドローン研修会の様子】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

ドローンの機能や機体の特徴などを紹介しました

ドローンの機能や機体の特徴などを紹介しました

デモ散布飛行を行ったドローン実演会

デモ散布飛行を行ったドローン実演会

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


月別 アーカイブ

JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ