山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

2019年産最上にら「達者de菜」品質上々! 
最上広域にら部会が安全祈願祭と初出荷式を開催

2019年5月16日

◆ 日 時
令和元年5月15日(水)
◆ 場 所
JAおいしいもがみ 北部営農センター(新庄市大字泉田字住還東151)
JA全農山形2019年産最上にら「達者de菜」品質上々! 最上広域にら部会が安全祈願祭と初出荷式を開催|JA全農山形ニュース&トピックス

最上広域野菜振興協議会にら部会は5月15日、JAおいしいもがみ北部営農センターで、令和元年産にらの安全祈願祭と初出荷式を開催しました。

式典には、山形県最上総合支庁の安孫子義浩産業経済部長、JA全農山形の後藤和雄県本部長、最上地区3JAの代表者、にら部会関係者ら約100人が出席。生産・販売が無事に行われることを祈願しました。

最上地区産のにらは全国でもトップクラスの品質と出荷量で、「達者de菜(たっしゃでな)」というユニークなブランド名でも親しまれています。新元号の令和を迎えた今年度は、過去最高額の販売金額12億円達成を目標に、地域一体となった取り組みを行います。事前値決め販売や加工用にらの取扱いなど、生産者手取りの安定化・最大化を目指した販売強化も継続していきます。

にら部会の大場孝部会長は「今年のにらは例年よりも品質が良く、昨年の秋から養分をたっぷりと蓄えているので葉が青々としていて太い。ぜひおひたしにして、ニラの甘みを味わってほしい」と笑顔で話しました。

代表者らによるテープカットや新庄市立泉田保育所の園児によるかわいらしいダンスが披露され、初出荷を祝いました。にらを乗せたトラックが市場に向けて出発すると、出席者は「達者でな〜!」と手を振り見送りました。


【最上広域にら部会が安全祈願祭と初出荷式を開催】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

後藤県本部長が来賓あいさつを述べました

後藤県本部長が来賓あいさつを述べました

新庄市泉田保育所の園児が元気いっぱいのダンスを披露♪

新庄市泉田保育所の園児が元気いっぱいのダンスを披露♪

テープカットで初出荷を祝いました!

テープカットで初出荷を祝いました!

にら畑を案内してくださったにら部会丹茂副部会長

にら畑を案内してくださったにら部会丹茂副部会長

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


月別 アーカイブ

JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ