山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

さくらんぼトップセールスを実施「山形のさくらんぼは日本一!」

2019年6月12日

◆ 日 時
令和元年6月11日(火)
◆ 場 所
東京都中央卸売市場 大田市場マンモス競売場(東京都大田区)
JA全農山形さくらんぼトップセールスを実施「山形のさくらんぼは日本一!」|JA全農山形ニュース&トピックス

JA全農山形は11日、東京都中央卸売市場大田市場で、山形県産さくらんぼのトップセールスを実施しました。
吉村美栄子山形県知事やJA全農山形の長澤豊運営委員会会長、さくらんぼ主産地の首長、JA代表者約20人が出席し、県産さくらんぼのPRを行いました。

競り前の市場関係者に向け、さくらんぼの法被と帽子を身に着けた吉村知事が「山形のさくらんぼは品質、生産量ともに日本一。さくらんぼで全国の皆様に笑顔になってもらいたい」とPRしました。

JA全農山形の長澤会長は「山形はなんといってもさくらんぼが勝負。消費者においしさと生産者の思いを届けてほしい」と呼び掛けました。
2022年の先行販売、23年の本格販売を目指す超大玉の新品種「やまがた紅王」も紹介し、販売強化を訴えました。

また、産地の関係者がさくらんぼの試食を振る舞うと、市場担当者らは真っ赤なさくらんぼに手を伸ばし、今年の出来栄えを確かめました。

JA全農山形園芸部によると、今年は暖冬傾向から一転、3月下旬から4月上旬にかけて降雪もありましたが、ほぼ平年並みの収穫時期となる見込みです。


【さくらんぼトップセールスを実施「山形のさくらんぼは日本一!」】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

さくらんぼの試食を振る舞う長澤会長

さくらんぼの試食を振る舞う長澤会長

新品種「やまがた紅王」も紹介されました

新品種「やまがた紅王」も紹介されました

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


月別 アーカイブ

JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ