山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

JA全農山形野球部、全力プレーで団結見せ奮闘!
JA全農東北地区野球大会に出場!

2019年7月16日

◆ 日 時
令和元年7月5日(金)〜6日(
◆ 場 所
白河グリーンスタジアム、白河ブルースタジアム
(福島県白河市白坂牛清水117)
JA全農山形JA全農山形野球部、全力プレーで団結見せ奮闘! JA全農東北地区野球大会に出場!|JA全農山形ニュース&トピックス

JA全農では、各県本部対抗の野球大会が毎年開催されています。
東北6県本部による東北地区大会が福島県白河市で開催され、我が山形県本部の野球部も出場しました。

大会は7月5日・6日の2日間、白河グリーンスタジアムと白河ブルースタジアムを会場に行われ、熱い戦いが繰り広げられました。

始球式には、元プロ野球選手の岩村明憲さんがサプライズで登場!
試合前に選手へエールを送りました。

1試合目は岩手県本部との対戦。
岩手県本部は、過去にも悔しい思いをさせられてきた宿敵。リベンジに燃え、全力で試合に臨みましたが1ー8で敗れました。

続く2試合目は前年度優勝の福島県本部との対戦。1試合目の悔しさをパワーに変えて挑みましたが、惜しくも2ー3で敗れました。

今年入会とともに野球部に入部し、初の試合に臨んだ佐川聖人選手は「悔しい結果になったが、チームワークはとても良かった。メンバー同士仲が良く、楽しくプレーできた」と話しました。

また、佐川選手は守備での貢献が評価され、大会で活躍した選手に贈られる優秀選手賞に選ばれました。

仁科裕介キャプテンは「一度に大量失点する悪い癖が出てしまった。サインミスもあったので、9月に行われる広域合併JA大会に向けてメンバー同士で励ましあいながら、再度練習で鍛えていきたい」と意気込みを語りました。


【JA全農山形野球部、全力プレーで団結見せ奮闘! JA全農東北地区野球大会に出場!】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

緑色のユニフォームがグラウンドに映えます!

緑色のユニフォームがグラウンドに映えます!

佐川選手のナイスバッティング。今年度入部・初試合の皆さんも全力プレー!

佐川選手のナイスバッティング。今年度入部・初試合の皆さんも全力プレー!

1試合目の投手、酒井公貴選手。チーム一丸となって挑みました

1試合目の投手、酒井公貴選手。チーム一丸となって挑みました

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


月別 アーカイブ

JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ