山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

抽選会も実施! 旬の山形県産温室メロンを振る舞い「どうぞ!」

2019年9月10日

◆ 日 時
令和元年8月31日(
◆ 場 所
山形県総合運動公園 NDソフトスタジアム山形 (天童市山王1-1)
JA全農山形抽選会も実施! 旬の山形県産温室メロンを振る舞い「どうぞ!」|JA全農山形ニュース&トピックス

JA全農山形と山形温室メロン生産組合は8月31日、天童市のNDソフトスタジアム山形前の広場で、県産温室メロンの振る舞いと即売会を開催しました。

その日に行われたサッカーJ2モンテディオ山形のホームゲームに合わせ、同組合に所属する生産者の温室メロンを300名分用意。
キックオフ開始の2時間前から行列ができるほどの盛況ぶりでした。

また、振る舞いにはモンテディオ山形の大友竜輔選手も登場!
訪れた人は「甘くて果肉も濃厚。とってもおいしい」と笑顔で話し、旬を迎えた山形県産温室メロンの味を楽しみました。

さらに、山形県産西洋梨「ラ・フランス」のイメージキャラクター「らふらん」のSNS(インターネット交流サイト)を利用した抽選会も実施しました。
この抽選会は初めての試みで、モンテディオ山形の選手のサイン色紙や県産温室メロンなどが抽選で9名にプレゼントされました。

ホームゲーム開始前には、山形温室メロン生産組合の五十嵐博志組合長が、来場者にメロンの品質や魅力をアピールし消費拡大を呼び掛けました。


【抽選会も実施! 旬の山形県産温室メロンを振る舞い「どうぞ!」】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

振る舞いは長蛇の列!大友選手から旬のメロンを「どうぞ!」

振る舞いは長蛇の列!大友選手から旬のメロンを「どうぞ!」

SNSを利用した抽選会も盛り上がりました。

SNSを利用した抽選会も盛り上がりました。

キックオフ前には五十嵐組合長が山形県産温室メロンをPR!

キックオフ前には五十嵐組合長が山形県産温室メロンをPR!

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


月別 アーカイブ

JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ