山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

「とまと、とってもあま〜い!」
園児たちが園芸産地拡大実証研修農場でトマトもぎとり体験会!

2019年9月13日

◆ 日 時
令和元年9月6日(金)
◆ 場 所
JA全農 山形園芸産地拡大実証研修農場(東田川郡三川町横山字袖東18-2)
JA全農山形「とまと、とってもあま〜い!」園児たちが園芸産地拡大実証研修農場でトマトもぎとり体験会!|JA全農山形ニュース&トピックス

JA全農山形は9月6日、三川町の同園芸産地拡大実証研修農場で、近隣にある三川町立みかわ保育園・幼稚園の園児たちを招いてトマトもぎとり体験会を開催しました。

同園の園児ら5歳児48人が参加。
園児たちは収穫期を迎えたトマトハウス内を散策しながら、JA全農オリジナル品種のミニトマト「アンジェレ」をひとつひとつ丁寧に収穫しました。
真っ赤に熟した「アンジェレ」を食べた男の子は「甘くておいしい」と大喜び!
30度を超える暑さの中、夢中になって収穫し、コップいっぱいの「アンジェレ」を手に満足そうな笑顔を見せてくれました。

また、体験会の後には、全農山形のキャラクター「稲作戦隊おこめんジャー」のはえぬきんがサプライズで登場!
園児たちにオリジナルグッズのスケッチブックをプレゼントしました。

同農場では、子どもたちに食の大切さを伝え、旬の山形県産農産物のおいしさを知ってもらおうと、平成27年から毎年この体験会を実施し、今年で5年目を迎えました
JA全農山形農業支援統括部の松浦季之部長は「自分で収穫する喜び、おいしさを感じてもらえたと思う。今後も農業に触れる機会をつくり、関心を持ってもらいたい」と話しました。


【園児たちが園芸産地拡大実証研修農場でトマトもぎとり体験会!】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

あま〜いアンジェレをぱくっ!とってもおいしそう!

あま〜いアンジェレをぱくっ!とってもおいしそう!

ハウス内は収穫の最盛期を迎えていました。

ハウス内は収穫の最盛期を迎えていました。

最後にはえぬきんとハイタッチ☆

最後にはえぬきんとハイタッチ☆

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


月別 アーカイブ

JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ