山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

山形県農協青年組織協議会との情報交換会 
多様な視点から「農業の未来」を考える

2019年11月5日

◆ 日 時
令和元年10月15日(火)
◆ 場 所
山形県JAビル(山形市七日町三丁目1番16号)
山形県農協青年組織協議会との情報交換会 多様な視点から「農業の未来」を考える|JA全農山形ニュース&トピックス

JA全農山形と山形県農協青年組織協議会は10月15日、山形県JAビルで情報交換会を行いました。

この情報交換会は、両団体から挙がった「同世代同士で将来を見据えた意見交換をしたい」との声をうけ、平成29年6月に開いた第1回に続き、今年で2回目の実施となりました。

両団体合わせて約30人が出席し、県青協の小南賢史会長は「県青協とJA全農山形は一蓮托生の関係。今後の連携を見据え、未来志向の意見交換と交流をしていきたい」とあいさつしました。

情報交換会では、出席者が4つの班に分かれ、「農業現場の課題」をテーマに意見を交わしました。

担い手不足に注目した班では「新規就農者が継続して農業を続けられる環境作りが必要」、「農業専門の人材派遣会社を設立してはどうか」など活発な意見交換が行われました。

さらに「JA全農山形の職員がもっと現場の声を聴き、体験する場を設けなければ、生産者に寄り添った提案ができないのではないか」など、情報共有の場をさらに増やしたいとの意見も出されました。

参加したJA全農山形の職員は「これまで見えなかった課題や、それに対する突破口も見つけられ、農業の未来を考える有意義な時間になった」と話しました。


【山形県農協青年組織協議会との情報交換会の様子】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

「農業の未来」を見え据えた意見交換が行われました。

「農業の未来」を見え据えた意見交換が行われました。

和気あいあいとした雰囲気の中、互いの熱い思いを語り合いました。

和気あいあいとした雰囲気の中、互いの熱い思いを語り合いました。

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


月別 アーカイブ

JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ