山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

「庄内グリーンポーク"ぶーみん"」をテーマに料理教室 
皆で作ったおいしい料理がずらり!

2019年11月18日

◆ 日 時
令和元年11月10日(
◆ 場 所
ひらたタウンセンター(酒田市飛鳥字契約場35)
「庄内グリーンポーク"ぶーみん"」をテーマに料理教室 皆で作ったおいしい料理がずらり!|JA全農山形ニュース&トピックス

JA全農山形と(株)Aコープ東北は11月10日、酒田市のひらたタウンセンターで、小学生を対象にした料理教室を開きました。

この料理教室は、専用飼料で育てられた庄内豚「庄内グリーンポーク"ぶーみん"」をテーマに、山形県産豚の宣伝PRと消費拡大を図り、食育活動も兼ねて毎年開かれています。

西洋割烹・花月(酒田市こがね町)の阿部三喜夫オーナーシェフを講師に招き、小学生と保護者11組22人が参加しました。

「ぶーみん」のひき肉、ヒレ肉、ウィンナーをそれぞれ使用した「きのこ和風ソースのハンバーグステーキ」「豚ヒレ肉のチーズ風トマト煮」「ウィンナーピラフ」の3品を紹介。
阿部シェフが調理の楽しさや、料理がおいしくなるコツを教えてくれました。

参加した親子は「地元食材の魅力を再発見した。子どもと一緒に作れて、とても楽しかった」と笑顔で話し、自分たちで作った料理をおいしそうに味わっていました。


【「庄内グリーンポーク"ぶーみん"」をテーマに料理教室 皆で作ったおいしい料理がずらり!】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

プロの技を指南。みんな集中して見入ってます。

プロの技を指南。みんな集中して見入ってます。

阿部シェフと一緒にハンバーグ作り♪

阿部シェフと一緒にハンバーグ作り♪

「ぶーみん」を使ったおいしい料理ができました!

「ぶーみん」を使ったおいしい料理ができました!

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


月別 アーカイブ

JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ