山形の美味しいお米、果物、野菜・きのこ、お肉、加工特産品。安全・安心のJA全農山形がお届けします

令和元年度食味コンクール決勝審査会を開催! 
「はえぬき」「つや姫」「雪若丸」の3部門で最優秀賞を決定

2019年12月19日

◆ 日 時
令和元年12月17日(火)
◆ 場 所
JA全農山形庄内地区センター(酒田市山居町2‐3‐8)
令和元年度食味コンクール決勝審査会を開催!「はえぬき」「つや姫」「雪若丸」の3部門で最優秀賞を決定|JA全農山形ニュース&トピックス

攻めの庄内米・こめづくり運動推進本部(事務局=JA全農山形)は12月17日、JA全農山形庄内地区センターで、令和元年度食味コンクール決勝審査会を開催しました。

同コンクールは、庄内米全体の品質と食味の向上、良質な米生産への意欲増進を目的に企画され、今年で15年目を迎えました。

庄内地区一円から「はえぬきの部」21点、「つや姫の部」30点、「雪若丸の部」17点、計68点の応募がありました。
品質・食味分析による事前審査で成績が優秀だった各部門4点が決勝審査会へ進みました。

審査は、審査委員長を務めた攻めの庄内米・こめづくり運動推進本部の黒井德夫本部長のほか、農林水産省東北農政局、県青協、JA女性協フレッシュミズ部会などの代表者らが行い、食味や粘りなどを実食で確かめました。

審査の結果、「はえぬきの部」は大山カントリーエレベーター(JA鶴岡)、「つや姫の部」は安達卓矢さん(JAそでうら)、「雪若丸の部」は農事組合法人稲華紋(JA庄内たがわ)が、最優秀賞に輝きました。

黒井本部長は「香りや外観など、全てが均衡していて審査が非常に難しかった。生産者の栽培技術と米作りへの熱意に敬意を表したい」と話しました。


令和元年度 食味コンクール決勝審査会 受賞者 (敬称略)

部 門 名 賞名 受賞者氏名 JA名
はえぬきの部 最優秀賞 大山CE 鶴岡
優秀賞 小野寺 隆 光 あまるめ
優良賞 横山CE 庄内たがわ
南西部CE 庄内みどり
つや姫の部 最優秀賞 安 達 卓 矢 そでうら
優秀賞 大 沼 隆 一 庄内たがわ
優良賞 難 波 定 男 庄内たがわ
大山CE 鶴岡
雪若丸の部 最優秀賞 農事組合法人
稲華紋
庄内たがわ
優秀賞 長谷川 和 人 鶴岡
優良賞 佐々木 寿 春 あまるめ
後 藤 喜 博 庄内みどり

【令和元年度食味コンクール決勝審査会の様子】
 (※写真クリックで大きな写真を表示)

ひとつひとつ実食し、香りや味を丁寧に確かめます。

ひとつひとつ実食し、香りや味を丁寧に確かめます。

素晴らしい出来栄えの米が揃い、難しい審査となりました。

素晴らしい出来栄えの米が揃い、難しい審査となりました。

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ

JA全農山形からのお知らせ〔新着情報〕


月別 アーカイブ

JAグループ山形の安全・安心対策について

JAグループ山形の
安全・安心対策について

JAグループ山形では安全・安心対策へ取り組んでいます。

米・野菜・果物の出荷体制、牛肉の生産履歴情報、特別栽培米-農林水産省-新ガイドライン表示をご案内。

JAグループ山形の安全・安心対策について|家族の食事イラスト

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動

JA全農山形-地産地消協力店ファンづくり運動のシンボル「けぇ〜たん」JA全農山形は、県産農林水産物の地産地消運動の一環として、シンボルマーク「けぇ〜たん」で販促活動を応援しています。

地産地消協力店ファンづくり運動協力店募集中

詳細・申請はコチラ