JA全農山形-農畜産物輸出への取組〔平成28年度〕


JA全農山形は、世界に向けて山形県産農畜産物の輸出強化に取り組んでいます。

 

 

平成28年度 JA全農山形 輸出先

(2017年3月28日 現在)

  ※地域名のクリックで輸出品目が表示されます。

台湾 香港 タイ シンガポール イギリス オランダ サイパン 中国 インドネシア ドバイ サウジアラビア フィリピン マレーシア ベトナム ハワイ ロシア

 

 

平成28年度 JA全農山形 輸出取扱実績

(2017年3月28日 現在)

 









|

































|







米 米   米 米       米           米  
さくらんぼ さくらんぼ   さくらんぼ                          
すいか       すいか                        
も も   もも もも もも           もも            
メロン       メロン                        
ぶどう ぶどう ぶどう   ぶどう           ぶどう            
和 梨 和梨 和梨                            
柿 柿                            
西洋ナシ 西洋ナシ 西洋ナシ   西洋ナシ           西洋ナシ            
りんご りんご りんご   りんご   りんご りんご                  
すもも   すもも                            
野 菜 野菜     野菜                        
啓翁桜   啓翁桜   啓翁桜       啓翁桜   啓翁桜 啓翁桜 啓翁桜 啓翁桜 啓翁桜   啓翁桜
  花           花     花 花 花      
飲 料 飲料 飲料                            
加工品 加工品     加工品         加工品         加工品 加工品  

 

 

平成28年度 輸出事業の取組について

山形県産農産物のPR・定番化にむけた販売推進をはかるため、高い費用対効果が見込まれる海外フェアを展開しています。

平成28年度「山形県産農産物フェア」等の主な実施実績

実施日 実施場所 実施内容
ハウスさくらんぼプロモーション
平成28年
5月18日(水)
台湾
高雄市
大立百貨店
ハウスさくらんぼの即売・試食提供等
(吉村山形県知事とのトップセールス)
さくらんぼプロモーション
平成28年
6月18日(土)~19日(日)
タイ
MALLグループ
さくらんぼの即売・試食提供等
(東根市・JAさくらんぼひがしねとの連携事業)
「つや姫」プロモーション
平成28年
10月8日(日)
ハワイ
アラモアナ
ショッピングセンター
「つや姫」他県産加工品等の試食・即売
(山形県主催による総領事館でのレセプション併催)
紹介記事 >>
山形県物産フェア
平成28年
11月2日(水)~16日(水)
台湾
高雄市
大立百貨店
山形県産農産物の試食・即売
(大立百貨店周年祭催事「日本物産展」に山形ブースとして出店)
紹介記事 >>
山形県産秋果実プロモーション
平成28年
12月10日(土)~11日(日)
香港
そごう銅鑼灣店、
マーケットプレイス
山形県産秋果実の試食・即売
(東根市・JAさくらんぼひがしねとの連携事業)
山形県産米プロモーション
平成29年
1月18日(水)~22日(日)
中国
上海高島屋
山形県産米「つや姫」「はえぬき」の試食・PR
山形県産花きプロモーション
平成29年
2月11日(土)~12日(日)
ロシア
ウラジオストク
マジックフラワーズ
(花専門店)
「啓翁桜」の即売・PR
(山形県国際経済振興機構との連携事業)
山形県産米プロモーション
平成29年
3/23(木)~3/25(土)
中国
成都伊勢丹百貨店
山形県産米「つや姫」の試食・PR

 

 

農畜産物輸出への取組 トピックス

台湾の百貨店「微風廣場」と協定結ぶ 2例目の常設販売

台湾・台北市の微風廣場百貨店と販売協定を締結、
常設販売を通して季節ごと旬の山形県産農畜産物を販売します。

◆ 日 時
平成30年11月12日(月)
◆ 場 所
微風廣場(台湾・台北市)
台湾の百貨店「微風廣場」と協定結ぶ 2例目の常設販売

台北市微風広場でトップセールを行う左から吉村山形県知事・阿部運営委員会副会長・後藤県本部長<

JA全農山形は、台湾・台北市の微風廣場百貨店と販売協定を締結しました。店内に常設販売棚を設置し、年間を通して、季節ごと旬の山形県産農畜産物を販売します。協定締結は、平成27年に結んだ高雄市の大立百貨店に次いで2カ所目となります。

調印式では、全農山形運営委員会の長澤豊会長と微風集團の廖鎮漢(りゃお ちんかん)董事長が、協定書に署名しました。あいさつで長澤会長は「日本産商品の取り扱い激戦区である台北市で、農産物を安定的にご提案できることを非常に嬉しく感じています。協定を足掛かりに、『すべては生産者のために』の信念に基づき、農業振興に努めて参ります」と強調しました。廖董事長は「微風廣場は、高級果物牛肉など、日本産食材の情報発信基地として大変注目されています。良質な山形の農産物を台湾の消費者に広めていくよう努めていきます」と意気込みを語りました。

微風廣場では、青果物売場の冷蔵ケースコーナーを使用し、シャインマスカットやラ・フランスりんごなどの秋果実に加え、来春からはさくらんぼぶどうすいかメロン、和梨などが取扱われます。また、今秋デビューの新品種米「雪若丸」や、昨年和牛輸入解禁となったことで輸出が始まった「総称 山形牛」、さらに山形県産農産物関連の加工品も定番品として販売します。

11日には、トップセールスを実施し、長澤会長と(株)山形県食肉公社の遠藤幸士社長が消費者に向け、旬の山形県産農畜産物が並ぶ常設売場の新設を広くPRしました。

「総称 山形牛」トップセールス in 香港&台湾

2017年11月と2018年1月に香港・台湾において、
山形県のブランド牛「総称 山形牛」のトップセールスをおこないました。

日時・場所
平成29年11月1日~平成29年11月30日
香港 JA全農ミートフーズの直営店「和牛焼肉 純」
 
平成30年1月18日~21日
台湾 台北市「微風広場」・高雄市「大立百貨店」
台北市微風広場でトップセールを行う左から吉村山形県知事・阿部運営委員会副会長・後藤県本部長

台北市微風広場でトップセールを行う左から吉村山形県知事・阿部運営委員会副会長・後藤県本部長<

JA全農山形は、山形県産農畜産物の輸出拡大に向けた取り組みを積極的におこなっています。昨年11月と今年1月に香港・台湾において、山形県のブランド牛「総称 山形牛」のトップセールスをおこないました。

香港においては、平成29年11月1日から1カ月間、JA全農ミートフーズの直営店「和牛焼肉 純」にて、「山形フェア」と称した県産農畜産物フェアを実施。初日には、阿部茂昭運営員会副会長が尖沙咀店(チム・サー・ツイ店)を訪れ、招待された香港国内の有名レストランシェフやバイヤー、メディア関係者など約30名に対し山形県産農畜産物のPRを行いました。
山形牛をはじめ、高品質庄内豚「ぶーみん」つや姫ラ・フランスなどをふんだんに使用した特別メニューがふるまわれ、招待された関係者は山形牛の舌の上でとろけるまろやかな味わいやラ・フランスの濃厚な甘みに喉を唸らせました。山形牛は既に一部高級スーパー等での販売が開始されており、同店舗を中心に今後もフェアを実施し、外食産業をはじめとする様々な販路への推進をはかっていきます。

また、台湾では、昨年9月の日本産牛肉輸入解禁を受け、台北市「微風広場」と高雄市「大立百貨店」の2店舗において、平成30年1月18日から21日までの4日間、「山形フェア」を実施しました。山形牛をはじめシャインマスカットや山形県産農畜産物の加工品などを取り揃えての開催となり、フェア期間中の20日と21日には、阿部副会長・後藤和雄県本部長・吉村美栄子山形県知事によるトップセールスも行われ、フェアをより一層盛り上げることができました。
阿部副会長は「日本国内でもトップレベルのブランド牛の味を確かめてもらい、是非山形のファンになっていただきたい」とPR。山形牛サーロインのブロック肉が登場すると、その美しさに来場者から歓声が上がりました。
PRスピーチの後には、山形牛と新品種の県産米「雪若丸」を使用したミニ牛丼、ミニステーキ丼のふるまいや庄内柿のプレゼントがおこなわれ、春節前の需要期で賑わう店内が更なる活気で溢れ、日本の農畜産物に対する関心の高さが伺えました。

「宮城・山形物産展」台湾で初開催! 山形県産農産物の販売とPR

台北市のショッピングモール「微風広場」で開催された「宮城・山形物産展」で、
山形県産農産物の販売とPRを行いました

◆ 日 時
平成29年8月10日(木)~8月20日(
◆ 場 所
微風広場(台湾・台北市)
山形県産メロンやかぼちゃなど農産物を販売しました

山形県産メロンやかぼちゃなど農産物を販売しました

JA全農山形は、8月10日から20日までの11日間、台湾・台北市のショッピングモール「微風広場」で開催された「宮城・山形物産展」で、山形県産農産物の販売とPRを行いました。

台湾の取引先で、県の「やまがた特命観光・つや姫大使」にも就任している鼎三国際企業有限公司の林定三会長が企画。宮城・山形両県合同で初めて開催となりました。

物産展には、県や(一社)山形県国際経済機構からも協力を受け、県産米「つや姫」「はえぬき」やメロン、かぼちゃ、「山形代表」ジュースなどを販売。
また、宮城県からは塩辛やもずく酢など水産加工品が主に販売され、この機会に東北の産品を求めようと、多くの人が訪れ賑わいました。

「高品質庄内豚」、“おしん豚”として香港へ!

庄内食肉流通センターで初出荷式を開催

◆ 日 時
平成28年11月21日(月)
◆ 場 所
庄内食肉流通センター((庄内町家根合字中荒田21‐2)
関係者に見送られて出荷先へ向かうトラック

関係者に見送られて出荷先へ向かうトラック

JA全農山形は11月21日、庄内町の庄内食肉流通センターで、銘柄豚「高品質庄内豚」の香港向け初出荷式を行いました。

出荷式には、JA全農山形の黒井德夫運営委員をはじめ、県や取引先関係者ら約30人が出席。酒田市八雲神社の宮司による祝詞のあと、玉串をささげ、輸送の無事と香港における販路の拡大を願いました。

黒井運営委員は「農協改革やTPPのゆくえが不透明になるなど厳しい農業情勢は変わらないが、グローバル化の流れを逃さず、攻めの農業に転じていかなければならない。今回の高品質庄内豚の香港輸出を起点に、日本の高い技術と品質を広く周知していくことで、庄内養豚の復活に期待する」と、輸出拡大への意欲を述べました。

式典後、センターの職員によるドライバーへの花束贈呈とテープカットが行われ、関係者に見送られたトラックが、出荷先に向けて出発しました。

「高品質庄内豚」は、専用の餌を与えられた銘柄豚で、年間30,000頭が生産されています。香港ではより山形県をイメージしやすく、受け入れやすいネーミング「山形おしん豚」として販売することとしており、今後香港向け輸出として年間500kgの出荷を計画しています。

台湾「大立百貨店」にてトップセールスを実施!!

「日本物産展」に山形の特設販売ブースを設置し、山形県産農産物をPR

◆ 日 時
平成28年11月6日(
◆ 場 所
台湾「大立百貨店」(台湾 高雄市)
来場者に試食を勧める長澤会長と鈴木県本部長

来場者に試食を勧める長澤会長と鈴木県本部長

JA全農山形は、11月6日、台湾高雄市にある「大立百貨店」において、りんごラ・フランス、シャインマスカットなど、旬の山形県産秋果実を中心としたトップセールスを実施しました。

同百貨店とは平成27年6月より「常設販売棚」設置に係る協定を締結しており、今年も既に「さくらんぼ」から販売を開始しています。今回のトップセールスは、同百貨店が毎年開催している「周年祭」の催事「日本物産展」に山形の特設販売ブースを設置し、山形県産農産物の更なるPRを狙ったもので、長澤豊運営委員会会長や鈴木英和県本部長らが店頭に立ち、試食販売や来場者にプレゼントを手渡しました。

特に先着100名に用意した「つや姫」の1合シート米プレゼントは、あっという間になくなるほど、県産農産物の高い人気を裏付けました。

また、トップセールス終了後は、「大統集団」の林錦章董事長、「鼎三國際企業有限公司」の林定三会長らと、今後の山形県産農産物の販売拡大について懇談。今後も協力体制を継続していくことで一致しました。

この催しは、地元の新聞社「台湾新生報」の当日の記事としても取り上げられ、今回のトップセールスに対する関心の高さと、山形県産農産物の販売に対する大きな期待感を伺わせるものとなりました。

ハワイプロモーション 山形県産米「つや姫」をPR!

山形県産米「つや姫」 in ハワイ

◆ 日 時
平成28年10月7日()~8日(〈現地時間〉
◆ 場 所
米国ハワイ州 アラモアナショッピングセンター内
つや姫を紹介したトークショー

つや姫を紹介したトークショー

JA全農山形と山形県は、米国ハワイ州で10月7日と8日(現地時間)、山形県産米「つや姫」の初のトップセールスを実施しました。

ハワイでの「つや姫」販売は、俳優で県の「やまがた特命観光・つや姫大使」を務める船越英一郎氏が、知人で現地製麺業者サンヌードルの夘木栄人社長に「つや姫」を紹介したのを縁に始まりました。

現在、日本の食材を扱うスーパーマーケットなど4店舗で販売。米国本土への進出も視野に入れた販路拡大を目指して、コンビニエンスチェーンや日系ラーメン店、高級レストランに販売推進を行っています。

ホノルル最大級の「アラモアナショッピングセンター」で行ったトップセールスでは、長澤会長が「つや姫」や産地紹介を行い、吉村知事と船越氏、夘木社長とのトークショーも展開。集まったおよそ150人に、「つや姫」誕生のエピソードやおいしさなどを紹介しました。

さらに、「つや姫」と山形県産果汁飲料のアンケート調査も兼ねた試食・試飲の実施や、プレゼントが当たる抽選会、花笠踊りの披露など、会場を盛り上げました。

また、JA全農山形米穀部の太田聡次長が、現地のラジオ番組に出演。つや姫レディとともに「つや姫」をPRしました。

これまでの農畜産物輸出への取組

ひとつ前のページにもどるJA全農山形|トップページ