山形県産食材を使ったおすすめレシピ

山形食材を使ったレシピはこちら!ぜひご家庭でお試し下さい!

(※写真をクリックするとレシピが閲覧できます。)

庄内グリーンポークと県産牛乳をたっぷり使った冬にピッタリなほっこりシチュー。
野菜もごろごろ入っているので満足感もバッチリ!
本格的なお店の味を再現できます。
西洋割烹「花月」の阿部三喜夫オーナーシェフのオリジナルレシピです。
【動画でも紹介中!
https://www.youtube.com/watch?v=D3TC4HzwwfM
URLを選択し、長押し、または右クリックで移動します。】

材料(4人分)

  • 豚こま肉/250g
  • 玉ねぎ/250g
  • マッシュルーム/100g
  • じゃがいも/3個
  • にんじん/150g
  • ブロッコリー/1個
  • 水/400㏄
  • 無塩バター/40g
  • 薄力粉/40g
  • 牛乳/400㏄
  • ミックスチーズ/適量
  • 塩/少々
  • サラダオイル/大さじ2

作り方

  • ①玉ねぎを8等分、マッシュルームは4等分のくし切りにする。にんじん、じゃがいもは乱切りにする。
  • ②深めの鍋ににんじん、じゃがいも、水を入れ、じゃがいもが柔らかくなるまで煮る。
  • ③ブロッコリーを下茹でしておく。
  • ④フライパンでサラダオイルを熱し、豚肉を炒め、すこし色がついてきたら、玉ねぎとマッシュルームも加える。
  • ⑤フライパンの具材がしっとりしてきたら、塩をくわえてさらに炒める。
  • ⑥小鍋に無塩バターを溶かし、薄力粉を加え、弱火で5分ほど焦がさないように加熱する。
  • ⑦ ⑥がなめらかになったら事前に温めた牛乳を加え、焦がさないように注意しながら、泡たて器でとろみがつくまでかき混ぜる。
  • ⑧ ②の鍋に④と⑥を加え、混ぜながら一煮立ちさせる。
  • ⑨お好みの量のミックスチーズを加え、塩コショウで味をととのえれば完成!

山形県産の桃は、柔らかな歯ごたえと優しい塩味のぶーみんの生ハムにピッタリ。
暑い夏にもってこいの冷製パスタは、お子様の大好きなあま~い桃をたっぷり使って、夏バテ防止に!
上品な口当たりがワインなどのお酒にも相性抜群で、大人の方も楽しめます。
西洋割烹「花月」の阿部三喜夫オーナーシェフのオリジナルレシピです。
【動画でも紹介中!
https://youtu.be/sL7s69Tpqd8
URLを選択し、長押し、または右クリックで移動します。】

材料(2人分)

  • カッペリーニ、または細めのパスタ/160g
  • 桃/1個
  • ぶーみんの生ハム/4枚
  • オリーブオイル/大さじ2
  • レモン汁/大さじ1
  • ニンニク/1片
  • 塩・コショウ/少々
  • バジルの葉/適量

作り方

  • ①桃の皮をむき、8等分に切り分ける。
  • ②ボウルに①、オリーブオイル、レモン汁、ニンニクのすりおろし、塩・コショウを入れて良く混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やしておく。
  • ③パスタを袋の表示通りに茹でる。茹で上がったら、冷水で洗い、キッチンペーパーなどで水分をよく切っておく。
  • ④ ②のボウルに③のパスタを入れ、よく混ぜ合わせる。
  • ⑤お皿に盛り付け、仕上げにバジルの葉と生ハムを飾り完成!お好みで追いオリーブオイルも。

中から半熟たまごとチーズがとろ~り溶け出す、オシャレなカフェモーニング!
ぶーみんの柔らかいハムがクレープ生地ともっちりマッチします♪
西洋割烹「花月」の阿部三喜夫オーナーシェフのオリジナルレシピです。
【動画でも紹介中!
https://www.youtube.com/watch?v=blge1fMyu4g
URLを選択し、長押し、または右クリックで移動します。】

材料(4人分)

  • そば粉/200g
  • 薄力粉/50g
  • 水/500㏄
  • 全卵/5個
  • バター/20g
  • 塩/少々
  • ホワイトハム/8枚
  • ミックスチーズ/適量
  • 卵/4個

作り方

  • ①ボウルにそば粉と小麦粉を入れて混ぜ合わせる。
  • ②別のボウルに、全卵と水、塩を入れてかき混ぜる。
  • ③ ①のボウルをかき混ぜながら、②を少しずつダマにならないよう加える。
  • ④熱したフライパンで、バターを溶かし、③に加える。
  • ⑤ ④をこし器か目の細かいザルを使って、ダマが残らないようにこす。
  • ⑥ぶーみんホワイトハムを半分に切る。
  • ⑦フライパンにサラダ油を少し入れ、弱火でフライパンを温める。
  • ⑧弱火のまま、約90~100㏄くらいの生地をフライパンの真ん中に入れ、円になるよう薄く広げて焼く。
  • ⑨表面が固まってきたら、生地の上にドーナツ状にチーズを並べ、その真ん中に卵を割り入れる。さらに囲むようにハムを並べ、ふたをして卵が半熟になるまで焼く。
  • ⑩生地の周りを折り返して四角形にしたら完成!お好みでベビーリーフを乗せて、サラダアレンジもGood!

ホクホクおいしいジャガイモと、ジューシーな肉汁たっぷりのぶーみんウィンナーは相性抜群!
炊飯器で炊く簡単調理なので、お子様にもぜひ挑戦していただきたい一品!
西洋割烹「花月」の阿部三喜夫オーナーシェフのオリジナルレシピです。
【動画でも紹介中!
https://youtu.be/neoJFlbEroU
URLを選択し、長押し、または右クリックで移動します。】

材料(4人分)

  • 米/240g
  • お湯/350ml
  • 固形ブイヨン/2個
  • ぶーみんウィンナー/1袋(約120g)
  • ジャガイモ/2個
  • 玉ねぎ/4分の1個
  • ローリエ/1枚
  • バター/50g
  • パセリ(みじん切り)/少々
  • 塩コショウ/適量
  • パルメザンチーズ/適量

作り方

  • ①ぶーみんウィンナーを4等分に切る。ジャガイモは約1㎝幅の輪切りにする。玉ねぎはみじん切りにする。
  • ②フライパンにバターを入れ、弱火で溶かし、弱火のまま玉ねぎを炒める。
  • ③玉ねぎがしなってきて色がついてきたら、米を洗わずにそのまま加え、半透明になるまで炒める。
  • ④鍋にお湯を入れ、固形ブイヨンを溶かしておく。
  • ⑤炊飯器に、ウィンナーとジャガイモ、炒めた玉ねぎと米を入れる。
  • ⑥香りづけにローリエを加え、ブイヨンを溶かしたスープを入れる。
  • ⑦「炊飯」ボタンを押して、ごはんが炊けたらジャガイモをつぶすように混ぜる。
  • ⑧お皿に盛り付けたら、仕上げにパセリと塩コショウを振りかけて完成!

山形県を代表するイタリアンレストラン「アルケッチァーノ」の奥田オーナーシェフによるオリジナルレシピ!
月山の雪解けをイメージして作られた逸品。
「つや姫」の味わいと旬の食材が見事にマッチし、「山形の豊かさ」を上品に味わえます。

材料(1人)

  • つや姫の酢飯(大吟醸)/100g
  • アスパラガス/2本(4分の1にカットして使用)
  • 全卵/2個
  • 生クリーム/30㏄
  • 無塩バター/5g
  • こしあぶら/2本
  • 月山筍/2本
  • 米粉・水・卵白/適量
  • シブレットアッシェ/少々

作り方

  • ①卵、生クリーム、塩、胡椒、無塩バターを混ぜてスクランブルエッグを作る。
  • ②米粉、水、卵白を混ぜ、アスパラガス・こしあぶら・月山筍をフリットにする。
  • ③器にスクランブルエッグ→フリット→つや姫の酢飯の順に盛り付ける。
  • ④シブレットアッシェをかけて完成!

山形県を代表するイタリアンレストラン「アルケッチァーノ」の奥田オーナーシェフによるオリジナルレシピ!
鯛の旨みたっぷりのタレがかかった卵と「雪若丸」が絶妙に絡み合い、「雪若丸」の粒感も楽しめます。
ユニークな料理名に負けないアッと驚くおいしさです。

材料(1人)

  • 雪若丸(炊き上がり)/230g
  • 真鯛骨(中骨)/3分の2尾
  • 真鯛骨(腹骨)/2分の1尾(腹骨)
  • 卵黄/2個
  • 卵白/2個
  • バルサミコ酢/20~25cc
  • 醤油/20~25㏄
  • 白ごま/少々
  • 黒ばらのり/1~1.5g

作り方

  • ①真鯛骨に醤油とバルサミコ酢を加えて煮る。
  • ②卵白を泡立てて、お湯で火をいれる。
  • ③器に盛り付けした「雪若丸」の上に、卵黄をおとし、①の煮汁をかける。
  • ④白ごま・黒ばらのりを乗せ、①と②を添えたら完成!

野菜の旨みをダイレクトに味わえる!
山形の雪うるいは、そのままが1番うまい♪

材料(2人)

  • 雪うるい/50g
  • 野菜(きゅうり・にんじんなど)/適量
  • マヨネーズ・味噌/適量

作り方(5分)

  • ①雪うるいは、根元の薄い皮を取り除く。水洗いして半分に切り、水気を切る。
  • ②野菜は一口幅で細長く切る。
  • ③マヨネーズ、味噌はお好みの味になるように分量を調節する。
  • ④お好みの野菜、うるいを味噌マヨネーズにつけて召し上がれ♪お好きなドレッシングで召し上がってもGOOD!

雪うるいの柔らかな歯ごたえや甘味を丸ごと味わえます。

材料(2人)

  • 雪うるい/50g
  • お好みの野菜(セルリー、ベビーリーフ、ミニトマトなど)
  • お好みのドレッシング

作り方(5分)

  • ①雪うるいは、根元の薄い皮を取り除き、水洗いをした後、5㎝ほどに切って水を切る。
  • ②お好みの野菜と盛り合わせ、ドレッシングをかけて召し上がれ!

ちょっとしたおかずにピッタリ。
うるいの甘味と出汁が絶妙にクセになります。

材料(2人)

  • うるい/100g
  • 油揚げ/2分の1枚
  • ごま油/大さじ4分の1
  • だし汁/4分の1
  • 醤油/大さじ2分の1
  • 砂糖/小さじ2分の1
  • 酒/大さじ2分の1
  • 塩/少々

作り方(15分)

  • ①うるいは、根元の薄い皮を取り除き、5㎝ほどに切る。油揚げは薄切りにする。
  • ②フライパンにごま油を熱して、強火で①を炒める。
  • ③だし汁、醤油、砂糖、酒、塩を加え、うるいがしんなりする程度まで煮れば完成!

まろやかな舌触りのうるいをオシャレに召し上がれ!
シンプルな味付けで飽きの来ない逸品です。

材料(2人)

  • うるい/100g
  • スパゲティ/150g
  • ベーコン/50g
  • 玉ねぎ/2分の1個
  • にんにく/1片
  • 塩・コショウ/少々
  • サラダ油/大さじ1
  • バター/大さじ1
  • 醤油/少々
  • 粉チーズ/お好みで

作り方(30分)

  • ①スパゲティは茹でて、塩、コショウ、バターで下味をつけておく。
  • ②うるいは根本の薄い皮を取り除き、5㎝ほどに切り30秒ほど茹でる。
  • ③ベーコンは2cm幅ほど、玉ねぎは千切り、にんにくは薄切りにしておく。
  • ④フライパンにサラダ油を熱し、にんにく、ベーコン、玉ねぎを炒める。
  • ⑤スパゲティ、うるいを加えて炒め、最後に醤油を少々加える。
  • ⑥盛り付けてお好みで粉チーズをかければ完成!

たらの芽のほろ苦さがベーコンの油とベストマッチ!
お子様もおいしく召し上がれるので、お弁当のおかずにもGOOD!

材料(2人)

  • たらの芽/100g
  • ベーコン/10枚
  • つまようじ/10本
  • 塩・コショウ/少々

作り方(20分)

  • ①たらの芽は木皮の部分をとり、サッと洗い、塩を入れた熱湯で1分ほど茹でる。
  • ②茹で上がったら手早く冷水にとり、ざるに揚げ水気を切る。
  • ③軽く塩・コショウを振り、ベーコンでタラの芽を巻き、つまようじで止める。
  • ④油をしかずにフライパンでカラ焼きし、焼き色がついたら完成!

たらの芽ならではのほろ苦い風味を楽しめます。
「山菜の王様」素材の味を贅沢に味わってください♪

材料(2人)

  • たらの芽/75g
  • 小麦粉/4分の1カップ
  • 揚げ油/適量
  • おろし大根/少々
  • おろしショウガ/少々

作り方(30分)

  • ①たらの芽は、木皮の部分をとり、サッと洗い水気を十分にふきとる。
  • ②小麦粉を冷水でとき、天ぷらの衣を作る。
  • ③たらの芽に衣をつけ、170~180℃の油で揚げる。
  • ④紙を敷いた器に取り、おろし大根、おろしショウガを添え、天つゆで召し上がれ!あっさりと塩・コショウで食べるのもおすすめです。

スタミナとパワーがみなぎる逸品。
モヤシなどお好みの野菜を加えれば、さらにおいしく!

材料(2人)

  • 行者にんにく/50g
  • ホルモン/200g
  • 焼肉のたれ/適量

作り方(20分)

  • ①行者にんにくを3~5㎝幅に切る。
  • ②熱したフライパンにサラダ油をしき、ホルモンを炒める。
  • ③ホルモンに火が通ってきたら、行者にんにくをくわえ、サッと炒める。
  • ④焼肉のたれで味をととのえれば完成!

食欲をそそる香りがたまりません!
冷めてもおいしいのでお弁当にもおすすめ。

材料(2人)

  • 行者にんにく/50g
  • 卵/2個
  • めんつゆ(希釈したもの)/大さじ2
  • 塩/少々

作り方(15分)

  • ①沸騰したお湯に塩をひとつまみ入れ、行者にんにくを茎の部分から順に浸していき、30~40秒ほどサッと茹でた後、冷水に浸して青みを留める。
  • ②よく水切りし、3~4cm前後でざく切りにする。
  • ③卵に適度に希釈しためんつゆを入れてかき混ぜ、行者にんにくを軽く混ぜ合わせる。
  • ④熱したフライパンに、③を流し入れ、ある程度卵が固まったら完成!

青こごめのおいしさをサッパリ楽しめます。
おつまみとしても嬉しい、簡単調理の手軽な逸品。

材料(2人)

  • 青こごめ/50g
  • 白菜/2枚
  • にんじん/2分の1本
  • ハム(スライス)/6枚
  • 醤油/大さじ1
  • 穀物酢/大さじ2分の1
  • レモン汁/大さじ2分の1
  • 砂糖/大さじ1
  • ごま油/大さじ1
  • 塩/少々

作り方(15分)

  • ①青こごめはサッと洗い、塩を入れた熱湯で1分ほど茹でる。
  • ②にんじんは3cm程度に千切り、白菜とハムは細切りにする。
  • ③耐熱容器に①と②を入れ、醤油、酢、レモン汁、ごま油、砂糖を回しかける。
  • ④ラップをしてレンジで5分加熱し、出して5分置いたら完成!

山形の青こごめはアクがなく、深い味わい。
ゴマの甘味が青こごめの味を引き立てます。

材料(2人分)

  • 青こごめ/100g
  • 白ゴマ/大さじ5
  • 砂糖/大さじ1と2分の1
  • 醤油/大さじ2と小さじ2分の1

作り方(20分)

  • ①白ゴマをいってすり鉢ですりつぶし、砂糖、醤油(大さじ2)を加え混ぜる。
  • ②青こごめは、根元を切り落として洗い、水気を切っておく。
  • ③熱湯で青こごめを茹で、冷水にとり、水気を切って、食べやすい長さに切り揃える。
  • ④醤油(小さじ2分の1)をかけ、もう一度水を切る。
  • ⑤食べる直前に青こごめを①であえて、お皿に盛り付ければ完成!