YAMAGATA CHERRY

さくらんぼ特設ページのご紹介

山形県のさくらんぼは生産量日本一。
いよいよ、さくらんぼの本格的なシーズンがやってきました。
「さくらんぼ特設ページ」では、さくらんぼの栽培や歴史についてご紹介しております。
山形県産さくらんぼをもっと好きになる「さくらんぼ特設ページ」はこちらです。

さくらんぼ特設ページ

山形のくだものと花と野菜

YAMAGATA FRUITS & VEGETABLE & FLOWERS

恵まれた自然と栽培に適した気候条件が育む
山形のくだもの・野菜、そして美しい花。
四季折々で、おいしく、美しい山形の旬をご紹介します。

山形のくだものと野菜と花のご紹介

さくらんぼ

山形を代表する果実「さくらんぼ」。
山形県は全国のさくらんぼ生産量の約 75%を占める日本一の産地です。
「佐藤錦」や「紅秀峰」など様々な品種があります。大玉新品種 「山形C12号 (やまがた紅王) 」も誕生し、山形県産さくらんぼへの期待はさらに高まっています。

ぶどう

山形県のぶどう栽培の中心は「デラウェア」です。「デラウェア」は甘味、酸味のバラン スに優れており、日本一の生産高を誇っています。他にも「巨峰」「ピオーネ」「シャイ ンマスカット」など、多くの品種が栽培されています。一粒一粒に張りがあり、甘味たっぷりです。

メロン

涼しげな風貌、香り高い果肉の「メロン」。山形県庄内の砂丘地帯で育つみずみずしい夏の味覚です。メロン栽培の主流「アンデスメロン」は高い評価をうけています。

すいか

夏すいかは山形県が生産量日本一。しゃり感、甘さ、どれをとっても高い評価を受けて いる山形の「すいか」は、昭和 32 年に山形県(尾花沢市)にもたらされました。ずっ しりと甘く、水分をたっぷりと含んでいます。

もも

山形の「もも」は「日本の北限のもも」と言われ、生産量は全国でも5本の指に数えら れるほどです。山形県は、夏の昼夜の寒暖差が大きく、糖度を蓄えさせるのに高環境。 「川中島白桃」は香りも上品で、日持ちも良く、トップクラスの品質です。

かき

東北でつくられる渋柿のなかでもおいしいと評判の山形の「かき」。庄内地区を中心に 栽培され、甘くやわらかで適度な歯ごたえがあり、種がないのが特徴です。

ラ・フランス

「果物の女王」と呼ばれる「ラ・フランス」は、特有の芳香とまろやかな果肉が西洋なしの最高峰と評されています。収穫してから予冷追熟することで、高貴な香りと上品な 味わいになります。

りんご

山形の「ふじ」は半分に割ると真ん中に黄色い蜜がたっぷり。これは無袋栽培の恩恵によるものです。このほか、「つがる」「秋陽」「シナノスイート」などがあります。美しい 色合いとサクッとした歯触り、爽やかな甘酸っぱさで人気です。

啓翁桜

山形から一足早い春を運ぶ「啓翁桜」。昭和40年代に全国にさきがけて促成栽培が始ま り、ハウス(促成室)の中で寒さと暖かさを調節しながら、真冬の開花を促します。お正月の飾りやフラワーアレンジメントの材料など、人気が高まっています。

山形のやさい

周囲を高い山々に囲まれた山形県は、山の幸や伝統野菜をはじめ、おいしい野菜の宝庫。肥えた土と最上川からもたらされる清らかな水により沢山の野菜が育ち、食卓を美味しく彩ります。

やまがた発!旬の園芸情報

YAMAGATA Farm Direct Information

園芸

JA全農山形 令和4年度園芸事業拡大推進会議を開催しました。

JA全農山形は4月22日、山形市で令和4年度の園芸事業拡大推進会議を開催しました。

吉村美栄子山形県知事やJA全農山形の折原敬一運営委員会会長の他、青果・花き卸売会社、山形県JA園芸振興協議会、県やJAグループ山形の代表者約50人が出席しました。

 

持続可能な生産維持・拡充をテーマに、産地、市場、実需者の連携をさらに強化する「園芸大国山形みらい戦略」の実現に向け、山形県農業の現状と令和4年度の重点実施策を確認しました。

 

開会に先立ち、折原会長は「生産基盤の維持・拡充には、関係する全ての人が同じ方向を向き、確固たる意志を持って協力していく必要がある。オール山形で安定生産に取り組むため、それぞれの果たすべき役割を確認していただきたい」と挨拶しました。

 

販売では、SNSやWEBメディアなどを活用した認知度向上とブランディングの強化に加え、若い世代をはじめとする新たなニーズの掘り起こしを強化していくことを説明しました。

また、県内外のみならず国外への販売拡大にも取り組み、ウィズ・ポストコロナを見据えた販売体制の構築も進めていきます。

 

生産については、生産者の利便性向上に向け、「JA全農山形おきたま園芸ステーション」などを活用した高付加価値商品の開発・提案や、労力低減を図った広域的な共同選果・販売に継続して取り組んでいくほか、防霜対策と果実の結実確保対策を徹底し、災害に強い産地形成支援を行っていきます。

 

今年プレデビューする大玉サクランボの新品種「やまがた紅王」は、高品質出荷の徹底と積極的なPRで早期ブランド化を図り、地域ぐるみでの産地支援を推進していく予定です。